特別受益の要件について

公開日: 相談日:2017年06月07日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

同居している父から、2年程前に「将来、自宅の修繕費につかいなさい」と言われて500万円受け取りました。

父は長い間病気を患い、何時亡くなってもおかしくない状態です。

贈与を受けた場合、「特別受益に該当するなら遺留分算定の基礎となる財産に持ち戻さなくてはならない」と書いてあります。

自宅の修繕費としてもらったお金は特別受益に該当しないと思うのですが、特に書面があるわけではありません。私自身生活には困っていません。

遺言がありますが、私に多く相続させる内容で、他の相続人の遺留分を侵害しています。

もし、遺留分減殺調停を他の相続人から申し立てられ、父の通帳の取引履歴から500万円の出金について指摘されたら、正直に話そうと思っているのですが、特別受益とされてしまうのでしょうか。


557290さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2017年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す