遺産相続 遺産総額不明について

1年以上前に義理の父が亡くなりましたが、義兄と妻の間で、相続で揉めています。

1.遺産の総額が開示されません。
割合や、金額を提示されますが、遺産総額を教えてもらえません。
両者共に生前贈与を受けており、特別受益の持戻しをして、総額を再計算したいとの考えを提示しましたが、受け入れてもらえません。(こちらがもらいすぎてるかもしれませんと言っても)
遺産総額不明のままなので、同意できません。

このような場合、どのような解決手段があるでしょうか?

2.会社の利益は誰のものか
故人は過去に有限会社を経営し、そののち会社を終了させました。
義兄は社長です。会社を出資して作ったのは故人(義父/母)です。
この会社の利益は、出資した 義父/義母のもので、社長には給料やボーナスが出て、それが対価だと考えていましたが、社長で、利益を出した義兄のものであると主張しています。
これも、遺産総額を不明している要因の1つです。

この利益は、誰のものでしょうか?

3.義理の父にお金を借りました。
義兄が、残りの財産はすべて自分のものだと主張したので、返済を中断しました。
契約者が義理父で、亡くなったため返済はその財産を相続する人に返すと思いますが、その相続する人に合意できていないためです。

この判断は、間違っていないでしょうか?
間違っていない場合は、根拠となる何らかの法律をお教えください。

上記3点、お願いいたします。

*一度 送信しましたが、登録されなかったようなので再度送信しています。
2重でしたら削除してください


2013年11月11日 12時57分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
1 自分で遺産を調査するか,現在判明している遺産のみを対象として分割協議をするという方法があります。
2 会社の利益が内部留保として,会社の財産として残っているということでしょうか。会社を清算するのであれば,株主で配分することになります。出資者(株主)が誰かで決まります。社長が利益を上げたかどうかは関係ありません。株式は遺産分割の対象となります。
3 債権なので,義兄が法定相続分を相続することになります。その分を債務者に請求することができます。

2013年11月11日 13時41分

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
1 預貯金は金融機関と支店が分かれば相続人であれば取引履歴を開示してもらえます。
2 会社の利益は株主のものです。
3 正しいとは言えません。遺産分割に争いがあろうとも義兄が貸金債権を共同相続し債権者となっていることに間違いはなからです。ただ、可分債権ですから法定相続分に応じた分しか義兄には請求権はありませんので、その範囲で支払い義務があります。
なお、当事者間で話し合いがつかなければ遺産分割調停を申し立てた方がいいと思います。

2013年11月11日 14時23分

この投稿は、2013年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

特別受益とは|一部の相続人が生命保険金を受け取っていた場合の遺産分割

「3人兄弟の中でひとりだけ、被相続人が亡くなった時に高額な生命保険金を受け取った」ーー。このようなケースで、法定相続分に従って遺産を分けると、...

【相続】住宅資金の援助は特別受益になる?「持戻し免除」とは?

亡くなった人から生前、住宅資金などを援助してもらった場合、遺産分割の際に特別受益とみなされて財産の取り分に影響するのでしょうか。こうした疑問...

特別受益とは|一部の相続人だけが結婚資金の援助を受けていた場合の遺産分割

「3人兄弟の中でひとりだけ、結婚するときに亡くなった親から資金援助を受けていた」ーー。このようなケースで、法定相続分に従って遺産を分けると、不...

特別受益とは|一部の相続人だけが学費を払ってもらっていた場合の遺産分割

「3人きょうだいで、兄だけが大学の学費を払ってもらっていた」ーー。このようなケースで、法定相続分に従って遺産を分けると、不公平に感じる相続人も...

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 義理の姉の遺産相続および亡兄の残した公正証書の効力

    兄が公正証書遺言を残して亡くなりました。残ったのは義理の姉です。兄夫妻には、子供はおらず、両親はすでに他界しております。そこで、痴呆になった義理の姉の成年後見人となり、兄が公正証書に、遺言者の有する不動産及び預貯金債権を含む一切の財産を、遺言者の弟に相続させる。旨の遺言公正証書をのこし、昨年他界しました。義理の...

  • 継母が管理していた亡父の遺産総額を把握する方法

    父は亡くなる2年ほど前から認知症をわずらい、金銭の管理を継母にまかせてしまいました。 継母が管理していた亡父の遺産総額を把握する方法はあるでしょうか。 父は財産総額の明細と遺産の配分に関するメモを10年ほど前に書いて渡してくれたのですが、そのメモで想定されていた総額と継母が遺産総額として提示する額の間には...

  • 企業給付金 企業遺族年金 相続放棄

    父が亡くなりました。大手の企業給付金(遺族年金)があるとのことです。説明では配偶者・子・父母・孫・祖父母が受け取れるとのことですが、離婚して配偶者はいないので、子にあたる娘の私になります。 そのほかの詳細は書いてありません。 父には負債もあり財産放棄をする予定でいました。財産放棄をする場合、この企業死亡一時金は...

  • 遺言執行者として、株と投資信託の分け方について

    相続についての質問です、宜しくお願いします。 母が亡くなり、その財産の相続人が自分と弟の二人です。金融財産の中に、株と投資信託があります。 自筆遺言が有り、預貯金、有価証券は、兄弟で半分ずつ(同額)と書いてあります。 遺言執行者は、自分と書いてあります。 この場合の分け方として、株と投資信託を遺言執行者が適切だ...

  • 自己破産と遺産分割未了の不動産(自宅)

    自己破産で遺産分割未了の不動産(被相続人父)があり、相続人は子2人(兄妹)の場合。 自己破産者は妹で遺産分割未了不動産に居住しています。 この場合、破産管財人は、兄に妹の法定相続分(250万円くらい)を買い取るかどうか打診し、 兄が拒絶した場合(資力がない)、 ①次は兄に兄の相続分も含めて売却する意思があるかど...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

特別受益の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。