海外在住の相続人を相手方とする遺産分割調停について

公開日: 相談日:2018年03月01日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

父が亡くなりました。
私が父と同居していました。

相続人には他に、海外在住の妹がいます。

遺言はなく、妹は同居による寄与分を認めないため遺産分割協議は難航しています。

家裁に調停を申し立てる場合、管轄裁判所はどこになりますか?
父の財産があり、父の居住地のあった裁判所で良いのでしょうか?

また、調停を申し立てても、相手方が弁護士委任しない限り調停は不成立になると思いますが、その場合は審判となるのでしょうか?

訴訟では、欠席裁判では慰謝料を除き訴状がそのまま認められますが、審判の場合はどうなのでしょうか?

弁護士費用は、400万円程度となる案件です。

638225さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    調停の管轄は相手方の住所地ですので、ご相談のケースでは原則日本の裁判所に申し立てられないことになります。
    被相続人の住所地が管轄になるのは遺産分割審判の場合です。審判を申し立てても調停に付されるとは思いますが、管轄を日本の裁判所にとるために審判を申し立てるのも一つの手だとは思います。
    審判の場合は相手方が何の対応もしなければ審判を下すことは一応できますが、実際には、裁判所は相手方と何らかの手段で連絡を取ることを試みる(連絡が取れない限り進めない)と思われ、かつ(相手方から書面による合意を取り付けて調停成立としたり、審判手続きを開始せずに、調停に代わる審判という形で)調停の枠内で解決すると思われます。

  • 相談者 638225さん

    タッチして回答を見る

    高橋先生

    ご回答ありがとうございます。

    ちなみに、母は父より先に亡くなっておりますが、母も遺言を残さず遺産分割協議はしておりませんでした。父の死後、母の預金は父が自分の口座に振り込んでいたことと、母の宝飾品は妹が海外へ持って行ってしまったことが判明しました。

    このような場合、母の遺産分割調停も起こしたら、父の凍結財産のうち母の遺産分を妹と等分割することはできますでしょうか?
    また、妹が持ち出した宝飾品について代償分割を求めることは可能でしょうか?

    妹の対応は頑ななため、母の遺産分からだけでも少しずつ解決したいです。

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから