虚偽主張の立証について

以前、相続裁判をしました。兄弟(相手)からの主張書面には虚偽主張が多く書かれていました。相手が度重なる虚偽主張を繰り返したため、それに反論するために裁判も長期化しました。最後は、ある出来事について相手の虚偽を立証できたため、相手が降りると言う形で終了しましたが、あまりにも次から次へと作り話を繰り返して書面を提出してきて、その都度資料集め、反論書面の準備に追われました。

数年間に及ぶ裁判は家族ともども精神的にも経済的にもいろいろな部分で被害がでました。ただ、実際の生活の中で起きている一つひとつを立証することは難しく、生前贈与や寄与分はこの裁判では一切考慮されませんでした。

裁判は終わりましたが、相手の虚偽主張が虚偽であったと改めて立証ができる状態になったとき、慰謝料等を求めた訴訟を起こすことは可能ですか?
2013年11月21日 20時52分

みんなの回答

萩原 猛
萩原 猛 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
 裁判を起こすこと自体は、訴状を作成し所定の印紙を貼付して裁判所の受付に提出するだけですから、自由にできます。しかし、勝訴できるか否かは分かりません。

2013年11月21日 21時08分

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、3月以上10年以下の懲役に処されるとされています(刑法169条)。
このように偽証罪という犯罪に該当する場合もある偽証という行為は、事件の相手方との関係でも民事上の不法行為にあたる場合が多いでしょう。
立証が困難なことから、実際の裁判例が少ないですが、理論的には、不法行為が認められるべき場合は多いと考えます。

2013年11月21日 21時25分

相談者
補足です。

相続裁判なので、当然権利があることは分かっていますが、あまりに理不尽な主張が多く、こちらに対しての嫌がらせだったことは初めから分かっていました。だからこそ、散々財産を出せと主張したにもかかわらず、最後は放棄したいと終わりました。

この数年に渡る権利を逆手にとった嫌がらせ・損害に対して慰謝料等を求めたいと思ったんです。

2013年11月21日 21時27分

相談者
八坂先生

回答ありがとうございます。
もう少し、砕けた言い方で説明頂けないでしょうか?

①「宣誓した証人」(刑法)は民事の相続での虚偽主張にも当てはまるのですか?
②「偽証罪という犯罪に該当する場合もある偽証という行為」は民事の相続裁判での虚偽主張を犯罪とできるのですか?
③「立証が困難なことから、実際の裁判例が少ないですが、理論的には、不法行為が認められるべき場合は多いと考えます。」立証が可能なら不法行為にあたる可能性がありますか?


2013年11月21日 21時33分

この投稿は、2013年11月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被相続人の生前に家業を手伝っていた相続人が「寄与分」を主張できるケース

被相続人の生前に家業を手伝っていたような場合、遺産の取り分を増やしてほしいと考える相続人もいるでしょう。生前の被相続人に特別な貢献をした相続...

被相続人の生前に金銭的な援助をしていたとき「寄与分」を主張できるケース

「被相続人の生前に借金を肩代わりした」「マンションの頭金を用意してあげた」ーー。被相続人の生前、こうした金銭的な援助をしていた場合、相続する...

被相続人を介護していた相続人が「寄与分」を主張できるケース

生前の被相続人を献身的に介護していたような場合、遺産の取り分を増やしてほしいと考える相続人もいるでしょう。介護していた相続人は、「寄与分」と...

特別な貢献した相続人の取り分が増える…「寄与分」が認められるための条件

被相続人(亡くなった方)の生前、介護や事業のサポートなどの貢献をした相続人には、法律で決められた取り分より、多くの遺産を引き継げることがあり...

【相続】亡くなった人の会社で働いた相続人は遺産が多くもらえる?

亡くなった人が経営していた会社で従業員として働いた人は、他の人よりも多く遺産を相続することができるのでしょうか。寄与分が認められるポイントに...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判での虚偽について。

    相手方が、裁判で 虚偽の主張を行っており困っております。 また、相手方は主張はしてくるものの、主張に対する証拠を一切提出しません。 質問なのですが 1、相手側は、裁判で証拠を提出せず主張のみですが、主張のみで裁判官に相手側の主張が通ったりするものなのでしょうか? 2、裁判等で相手側が虚偽の主張ばかりを行う場...

  • 偽証罪(虚偽主張)による損害賠償

    事件(民事)2つについて裁判中です。 2つの裁判にて原告は数々の虚偽主張(作り話)をしてきます。その一つ一つに反論するため調査や資料準備に時間を取られています。裁判も相手が次から次へと作り話(主張)を提出してくるため、裁判もすでに約5年になります。一つの裁判は遺産分割なので、弁護士からは権利があることなので、相手...

  • 不倫慰謝料請求裁判で虚偽の主張をする相手側に関して。

    不倫慰謝料請求裁判において、自分を有利にするために虚偽の主張をしても相手が虚偽だと証明できなければ何をいっても大丈夫ですか? というのは、裁判において、本当の事を話さず嘘の主張をしても民事の場合、捜査がおよぶわけではないので、虚偽の主張は見抜けないのを逆手にとって、嘘をつくと思いますが、先生たちはここら辺を...

  • 相手方の虚偽について

    相手方が裁判所に提出した上申書には虚偽記載だらけで、事実に反したものばかりです。 調停での発言に関しても、決して真実を話す気などありません。 調停で嘘をついても、たかだか当人同士の話し合いで済まされてしまうのでしょうか。 双方代理人を立てて裁判も視野に入れております。 調停での虚偽、上申書の虚偽、仮に裁判でも...

  • 重大な虚偽の陳述書に対して、偽証罪で訴えて、慰謝料を請求できますか?

    私は弁護士を付けず裁判に戦ってきましたが、相手が重大な虚偽の陳述書を裁判に提出した為に、私の信用度を失墜させられ、判決を不当にねじ曲げられてしまいました。日本の裁判では、虚偽の陳述したもの勝ちなのでしょうか? この事に対して、偽証罪で訴えて、慰謝料を請求出来るか、回答して頂けるようお願いします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

法律相談を検索する

新しく相談する無料

寄与分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。