預金払戻訴訟について

公開日: 相談日:2020年10月23日
  • 4弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

法定相続分の払戻しに銀行が応じない為、預金払戻訴訟を提起したいです。だが、故人の口座が凍結されて、具体的な金額が分からないので、請求の金額はどうしたらいいですか?宜しくお願い致します。

966315さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府7位

    三野 久光 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    預金の取り扱いは最高裁判例の変更後、銀行は単独の相続人の請求には応じなくなりました。遺産分割協議書で全員の合意が必要です。協議が整わない場合は、家庭裁判所で遺産分割申立裁判をして調停ないし審判が必要です。
    なお、銀行は被相続人名義の預金の具体的な金額や取引明細の開示は、一人の相続人の請求に対して応じますので、相続人であることを示せば、それで確認できます。

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位

    梅村 正和 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    近年の最高裁判所の判例(平成28年12月1日)で、最高裁は、今までの判断を変更して、
    「共同相続された普通預金債権、通常貯金債権及び定期貯金債権は、いずれも、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となるものと解するのが相当である」と判例変更しています。
    すなわち、預貯金債権は遺産分割協議の対象となる遺産として扱われるということになります。
    したがって、遺言書が無い場合は、複数の法定相続人がいるのであれば、葬儀費用など一定範囲で認められたものを超える金額の請求は、一人の相続人が預金払い戻し請求をしても敗訴する可能性があります。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから