弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続分 : 法定相続分とは?遺産の割合や計算、例外

公正証書があり、受遺言者からの相続分の譲渡について詳しく教えてください

以前も質問がありましたが、
推定被相続人の祖母と、推定相続人の実子二人(母と叔母)、祖母と養子縁組をしていた父(亡くなった)の実子が私と姉妹になります
古い日付の公正証書で全財産(主に土地)を母だけに相続で遺言執行人は母、新しい日付の公正証書には母と父に土地を半分ずつ相続させて、残りの財産(お金)は母へ相続、遺言執行人を父にと書いてあります

遺言で財産相続する前に母が私に、相続分の譲渡をすることはできると聞きました

①やはり形上、法的相続分が譲渡されますか?
それとも全財産もしくは父が相続となってない土地半分とお金が譲渡されますか?

②遺言が優先であれば、母親の法定相続分が譲渡される形になるとおもいますその分の遺留分を私の遺留分と合算して、母に請求できますか?
もしくは、母は相続しているから、遺留分侵害されてないとして、母親の分の遺留分はないと判断されますか?
遺言書による父が相続となってない土地半分とお金が譲渡されると考えられます。
母は相続しているから、遺留分侵害されてないとして、母親の分の遺留分はないと判断されます。
①やはり形上、法的相続分が譲渡されますか?
それとも全財産もしくは父が相続となってない土地半分とお金が譲渡されますか?

遺言を相続人全員で撤回するならば、その後の分配は別途協議になるでしょう。
遺言は有効として、母尾の相続分をもらうなら、母の相続分の範囲で母親が決めた範囲でしょう。

②遺言が優先であれば、母親の法定相続分が譲渡される形になるとおもいますその分の遺留分を私の遺留分と合算して、母に請求できますか?
もしくは、母は相続しているから、遺留分侵害されてないとして、母親の分の遺留分はないと判断されますか?

遺留分はないとなるかと思います。

質問内容を見る限り、ややわからないところ、誤解されているところがあるように見えます。
ネット上の質問で、決断されるのは大変危険です。
一度詳細に直接の相談を受けるべきでしょう。


補足説明 遺言書があると,母親が遺言書による相続分を相談者に贈与したような形になりますが,税務の実際では,税務署が「遺産相続の一環」だという実質を理解すれば,贈与税は課されないと思います。 > ①やはり形上、法的相続分が譲渡されますか?
> それとも全財産もしくは父が相続となってない土地半分とお金が譲渡されますか?
   おそらく、遺言で書かれた母の相続分が譲渡されることとなると思います。

> ②遺言が優先であれば、母親の法定相続分が譲渡される形になるとおもいますその分の遺留分を私の遺留分と合算して、母に請求できますか?
     母があなたに相続分を譲渡するということでしょうか?
    そうなると、母が遺言書で記載された内容の遺産を相続する地位を
    あなたが相続することになると思いますので
    遺留分を侵害しているのはあなたになると思います。

> もしくは、母は相続しているから、遺留分侵害されてないとして、母親の分の遺留分はないと判断されますか?
    母は自分の相続分を譲渡してしまったから相続分が無くなっただけで
   遺留分は侵害されていないということになります。
御回答ありがとうございます
(今後の弁護士さんとの面談での相談も考えています)
皆さんのアドバイスをみて

①遺言は新しい日付のものが生かされて、
母からの相続分の譲渡は母の相続分(土地半分とお金)を譲渡されるということですね?
そして、相続分の譲渡をしても、母の遺留分は私にはないということですね?

さらに質問させてください
②父の相続分(残りの半分の土地)はどうなりますか?
遺言執行人第3者を裁判所で選任してから、遺言執行の判断でも大丈夫ですか?(姉妹と揉め事になりかねないので)
もしくは、法定相続分通りに分ける流れで分割協議でしょうか?その場合の母の相続分はどうなりますか?
(叔母1/3、私3/6、姉妹1/6でしょうか?)

予備的遺言で,父がなくなった場合は,相談者にと記載していないとすれば,残りの土地の半分は,法定相続になり,遺産分割をすることになります。遺言執行者というのは遺言の内容をそのとおり実現するだけで。相続割合に関する判断はしません。
遺言と法定相続の関係等について弁護士等に相談したほうがよいと思われます。
わかりづらくてすいません

父の相続分(残りの半分の土地)は分割協議の場合、どういった法定相続分になりますか?
叔母1/3、私3/6、姉妹1/6でしょうか?
もしくは、叔母1/3、私1/6、姉妹1/6で母の分は無しでしょうか?
もしくは、叔母1/3、姉妹1/6で、遺言相続分を差し引いての分割でしょうか?

遺言書で指定した父の相続分については、
祖母が死亡した時点で父が亡くなっていると無効となります。

そうなると、父が相続すると指定されていた遺産は
母が既に全体の3分の1以上取得しているので
叔母が2分の1、あなたと姉妹が4分の1ずつ相続することになると思います。
ありがとうございます

つまり、母から私への相続分の譲渡は、あくまで母が相続した分として考えて良いわけですね?
それでいて、父親の法定相続分は母には無いと言うことですね?
遺言書による父の相続分については、 祖母が死亡した時点で父が亡くなっていると無効となります。そこで,土地の相続分は,2分の1を叔母,父,母に3分の1ずつ,法定相続されますが,父死亡により相談者姉妹に代襲相続されます。
結果的に土地に関して叔母6分の1,母6分の1,姉妹12分の1ずつとなり,母が法定相続した6分の1も相談者に相続分の譲渡をするかは母の意向によると考えられます。
何度も回答ありがとうございます

父の相続予定だった土地半分は、母親が法定相続分に入る入らないは回答が分かれてました
私が母親から相続分の譲渡を受けていても、父の相続予定だった土地半分は、私にも法定相続分はあると言うことですね?

もう一つだけ質問させてください
私が母から相続分の譲渡を受けないで、母が遺言通り土地半分とお金を相続したとします
残りの土地は分割協議で母に全て相続させた場合です
やはり、遺留分滅殺 請求は、遺言の相続の分になりますよね?(遺言以外は分割協議で決めた為)
すいません
もう一つだけ質問願います
相続譲渡した相続人は、その後の分割協議には参加しなくて良いとのことですが、逆にその場にいても問題ないですか?
また、分割協議書には署名や捺印の必要場ないですよね?
> 母が遺言通り土地半分とお金を相続したとします
> 残りの土地は分割協議で母に全て相続させた場合です
> やはり、遺留分滅殺 請求は、遺言の相続の分になりますよね?(遺言以外は分割協議で決めた為)
遺留分減殺は,遺言により,自己の法定相続分を侵された場合に発生しますが,母親は遺言によって遺産を貰っているので遺留分減殺請求権はありません。

> 分割協議書には署名や捺印の必要ないですよね? 母親は相続分を譲渡しているとすれば署名押印は必要ないです。 
> 相続譲渡した相続人は、その後の分割協議には参加しなくて良いとのことですが、逆にその場にいても問題ないですか? 居るだけなら他の相続人が反対しない限り,問題無いでしょう。
相続分の譲渡は,本来,法定相続分を譲渡するものです。他方,遺言があり,それにより相続した財産は,本来母親の財産ですが,その相続分を譲渡するというのは,娘に贈与するという法的枠組みになり,贈与税が発生する筈です。ただ,前にも回答していますが,税務の関係で遺産分割の一環として贈与税を課さない扱いもあるようです。
遺留分減殺請求,相続分の譲渡,遺言により相続した財産の譲渡という概念にまだ誤解があるようです。
言葉たらず、理解してない部分があるのにもかかわらず、回答ありがとうございます

追記させてください

①前述の質問の訂正です
私が母から相続分の譲渡を受けないで、母が遺言通り土地半分とお金を相続したとします
残りの土地は分割協議で母に全て相続させた場合です

母以外の相続人の遺留分は、分割協議以外の遺言で相続した土地半分が対象になりますよね?

②改めて質問です
母から私への相続分の譲渡は、遺言相続分の土地半分とお金を譲渡になることです
法的枠組みは母から私への贈与になるけど、税務の関係で遺産分割の一環として贈与税を課さない扱いもあるとありました

では、今後母親が亡くなって、母の相続が発生した場合です
私の姉妹に、母からの相続分の譲渡(土地半分とお金)を生前贈与として、特別受益の持ち戻しを言われる事はありますか?
持ち戻しの場合は、相続分の譲渡のあった土地半分とお金から、母の本来の法定相続分を差し引いたものでしょうか?



すいません追加質問です
③母から相続分の譲渡を受けるタイミングは、遺言執行前で大丈夫ですよね?
母から相続分の譲渡を受けるのであれば
遺言執行前となります。
遺言執行後は相続分の譲渡はできません。

harurunさん
2017年12月12日 22時18分

みんなの回答

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月13日 07時59分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう

2017年12月13日 08時01分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月13日 08時23分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月13日 09時17分

harurun さん (質問者)

2017年12月14日 00時34分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月14日 05時20分

harurun さん (質問者)

2017年12月16日 00時53分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月16日 17時35分

harurun さん (質問者)

2017年12月17日 01時28分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月17日 09時34分

harurun さん (質問者)

2017年12月18日 00時19分

harurun さん (質問者)

2017年12月18日 00時59分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年12月18日 08時46分

harurun さん (質問者)

2017年12月19日 19時21分

harurun さん (質問者)

2017年12月20日 00時35分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年12月20日 14時55分

この投稿は、2017年12月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,887名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

法定相続とは? 遺言がない場合の遺産の分け方の仕組みを詳しく解説

「相続」の手続きを進める上で、まず把握したいのは、遺産を受け継ぐ人、つまり「相続人」は誰かという点です。遺言がある場合は、原則として遺言で指...

相続の不公平を調整する「特別受益」のルール・相続分の計算方法

亡くなった方(被相続人)の生前、特定の相続人が多額の援助を受けていたーー。このようなケースで、形式的に相続のルールをあてはめると「特定の相続...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

遺産分割で親族がもめないために「遺言」で決めておくべきこと

「相続」は、ときに「争族」とも呼ばれるほど、財産の取り分などをめぐって、親族間で争いになることが少なくありません。自分の死後そうならないため...

この相談に近い法律相談

  • 相続分の譲渡について詳しく教えてください

    推定被相続人の祖母と、推定相続人の実子二人(母と叔母)、祖母と養子縁組をしていた父(亡くなった)の実子が私と姉になります 公正証書で財産(主に土地)を1枚目は母だけ、新しく2枚目は母と父に財産を半分ずつ相続させて、遺言執行人を父にと書いてあります ①叔母から私に相続分の譲渡があった場合は、遺留分もその譲渡分を加えてよ...

  • 債務超過の相続の法定相続分、遺留分について

    建物500万、借金1000万、現預金300万を兄弟3人で相続する場合で、建物と借金については長男に渡すと遺言があるとき、長男の現預金300万に対する法定相続分はいくらになりますか?また遺留分はいくらになりますか?

  • 相続分譲渡と遺留分減殺請求権

    被相続人が亡くなって A B Cの相続人がいます 財産は3000万ですが Cは生前贈与を一億円ほど受けていてます AはBに相続分譲渡をしています Aから相続分譲渡を受けたあと BがCに対して遺留分減殺請求をするようになるのですか その場合 文面は BからCに対しては 平成○年○月○日 被相続人○が亡くなりました 被相...

  • 相続譲渡と遺留分減殺請求権の譲渡

    相続分譲渡をしたいのですが この時に 遺留分減殺請求権を譲渡できるのでしょうか 被相続人が亡くなって A B Cの相続人がいます 財産は3000万ですが Cは生前贈与を一億円ほど受けていてます Aの相続分をBに譲渡した場合 Aの遺留分減殺請求権もBに譲渡できるのでしょうか

  • 相続分の譲渡について、さらに

    昨日このサイトで、「公正証書の遺言書があっても、母から私に相続分の一部を譲渡できるかどうか」をお伺いして「できる」というお答えを頂きました。 そこで、遺言執行者である某信託銀行の担当者に連絡したところ、担当者はそもそも「相続分の譲渡」という言葉すら知らず、また「相続分を譲渡することは、遺言の指示と異なる対応を...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。