法定相続分について(婿養子)

公開日: 相談日:2017年05月16日
  • 2弁護士
  • 3回答

お世話になります。
法定相続分についての相談です。

被相続人 a子 H25死亡
配偶者  b男 H29死亡

b男は,a子の父c男,d子とH2養子縁組。
c男はH20,d子H21にそれぞれ死亡(離縁等なし)。
a子,b男夫婦には子供はなく,a子の兄弟が2人(AとB),b男にも2人(C,H23死亡の亡D,亡Dの子供E)の兄弟がいる。

a子の遺産分割をしないまま,b男が死亡。
この場合の,a子の遺産に関する各相続人の法定相続分どのようになりますか?

550719さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    いわゆる二重身分の問題ですね。
    この場合は、b男がa子の配偶者でもあり、兄弟にもなっているように思えますが、配偶者の相続分しか生じません。
    a子の死亡により、b男が3/4、A、Bがそれぞれ1/8を相続します。
    その後、b男の死亡により、a子の持分3/4の相続が生じ、CとEが3/8ずつを相続します。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    配偶者は他方の配偶者の両親と養子縁組をした場合
    兄弟姉妹として相続分を取得するかは
    考え方が分かれています。
    しかし、一般的に、相続分を二重に認めるという考え方が
    多数説とされています。

    したがって、
    a子の死亡により
    配偶者として、b男は4分の3
    さらに兄弟として、4分の1の3分の1を相続します。
    したがって、b男は6分の5の相続分を取得することとなります。
    a子の兄弟のABはそれぞれ4分の1の3分の1=12分の1を取得します。

    b男が亡くなると
    b男が相続した6分の5を兄弟である
    ABCDが4分の1ずつ相続することとなり
    ABは12分の1+24分の5=24分の7ずつ相続し
    CDは24分の5ずつ相続するということになります。

    あなたがどちらの立場に立つかで
    b男の相続分を多くするか少なくするか
    を考えればよいと思います。

    複雑な相続なので弁護士に面談で相談した方がよいかもしれません。


  • 相談者 550719さん

    タッチして回答を見る

    高島先生、永井先生、ご回答ありがとうございます。
    お忙しい中、ご回答戴き感謝いたします。

    配偶者の相続分と、兄弟としての相続分を二重に認めるというのが多数説と仰る高島先生。
    配偶者としての相続分しかないと仰る永井先生。

    結局のところどちらのご主張が正しいのかわかりません。
    判例等ございましたら、教えていただけませんでしょうか。

    ちなみにこちらの立場は、養子縁組先側の兄弟筋です。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    私の使用しているコンメンタールには
    判例は乗っておらず、
    戸籍先例は否定ということでした。
    しかし、戸籍先例は裁判所が出した判決ではなく
    行政解釈で、しかも昭和23年のものと古いので
    あまり意味が無いと思います。

    一般的には
    身分が重複すれば
    相続分は倍になるという風に
    考えられていると思います。

    養子縁組先の兄弟であれば
    その方が有利になるので
    それに基づき主張されたらよいと思います。

    ちなみに、b男が相続した分について
    他の弁護士は、養親側の兄弟ABの相続分を認めていないと思いますが
    養子縁組後はABとb男は兄弟なので
    b男が相続した相続分は養親側の兄弟ABと実親側の兄弟CD(Dは死亡しているのでE)と
    両方が相続人となります。

この投稿は、2017年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました