遺産分割協議と税金について

公開日: 相談日:2015年12月19日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

祖父が亡くなり、祖父名義の土地と建物の相続人が4人いました。(祖母、叔父、叔母、父)
ですが、手続きを特にしていなかった様です。相続の割合が決まっていませんでした。
去年、父が祖母の保険料を滞納していたため、市役所が土地を差し押さえを目的に法定相続通りに土地・建物を割り振りました。

この相続割合を遺産分割協議で変えようと思います。(叔父名義にしたい)

この場合、叔父へ何か税金がかかってしまうのでしょうか?不動産屋は、土地建物で6000万くらいと言っていました。
かからない様にするために出来ることはありますでしょうか?

アドバイスいただければ幸いです。

409923さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    遺産分割協議を行い、一人の人に相続させる場合、問題となるのは基本的には相続税です。
    他方、共有となった財産を一人に集める場合、問題となるのは贈与税(や譲渡税)です。

    遺産分割が未了で、債権者代位権に基づく移転登記がされてしまっているというだけであれば、改めて遺産分割協議を行えば、相続税の問題となるように思います。

    ただ、亡くなった時期や現在までの行動によって、相続税の申告漏れ等別の問題が生じることも考えられます。
    また、正確に判断し、対応していくためには、きちんと事実関係を確認し、司法書士や税理士とも相談する必要があると思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府6位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    この場合、叔父へ何か税金がかかってしまうのでしょうか?不動産屋は、土地建物で6000万くらいと言っていました。

    ・遺産分割虚偽の成立前ということでしょうか。祖父が今年にお亡くなりになったとして遺産総額が5400万円までは相続税がかかりませんが 6000万円の土地建物に 他の遺産もあれば相続税は発生します。土地建物について 居住していれば特例の適用を受けることができ 相続税が発生しないかもしれませんし 祖母の配偶者控除の利用も可能となります。ご質問内容だけでは前提がたくさんありますので 税理士さんに相談してみてください。

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

     ご相談者様の案件は、一旦成立した遺産分割協議をやり直すということではなく、初めての遺産分割協議に基づき叔父様が不動産を相続するという案件ですので、「相続税」のほかに譲渡所得税とか贈与税がかかるという案件ではありません。
     御祖父様が亡くなったのは平成26年12月31日より前ですので、遺産の総額が1億円(8000万円+500万円✕4)にいかないのであれば、1億円は基礎控除されますので、相続税はかかりません。
     遺産の総額が1億円を超えていたとなると、申告納税すべき相続税を申告納税していなかったとして追徴されますね。
     それと、もちろん、登記移転(遺産分割を原因とする相続登記手続)の際の登録免許税とかはかかります。
     どのような遺産分割協議書を作成したらよいのか(遺産分割協議のやり直しとか、改めて遺産分割協議をするというような表現は絶対に使用してはいけない等の留意すべき点もありますので)については、個別的に弁護士に相談した方がいいでしょう。
     また、税金の詳しい点については、税理士に、登記に関する税金を含めた費用については司法書士にそれぞれ相談していくべき事案でしょう。
     
     

この投稿は、2015年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから