遺産分割調停 遺留分減殺調停

公開日: 相談日:2015年11月27日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

相続でもめていて 当事者同士の話し合いでは解決しそうにないので調停を申立ようと思っています。

被相続人Zの相続人は 配偶者A 子BCです
AはBに 相続分を譲渡したので 相続はBCの問題です

もめている理由はC にあります

遺産は3000万ほどですが
Cは事業を失敗して その負債7000万と クレジットカードの立替1000万を
Zにしてもらっています
これは特別受益に当たり  

遺産を もち戻しで計算し Zの遺産は11000万となります

それぞれの取り分は A5500万
B 2750万 
C2750万  しかし Cは特別受益8000万があるので 今回の相続での取り分は0

実際の取り分はAはBに相続分を譲渡しているので 
B 3000万となりますが

遺留分を計算すれば BはCに1125万 請求できると思うのですが

もめている理由は Cにこのように説明しても 関係ない 自分には権利があるの一点張りで
まるで 話にならず 
さらに 遺産は3000万ではなく 5000万だといいだし
自分の相続分1000万をよこせと言っているからなのです

私としては 調停内で法律的にはこうなっているんだということを Cに説明してやって欲しいのです


私としては早く 相続を終わらしたいと思っているので 遺産分割調停で
Cの相続分は0で 決着するのであれば 遺留分の請求はしなくてもいいと思っています
もともと Cから 回収できるとも思っていないので

この場合 遺産分割調停を申し立てるのか 
     遺留分減殺調停を申し立てるのか
どちらなのでしょうか

404028さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    遺産分割調停を申し立てるのか 遺留分減殺調停を申し立てるのか

    遺留分減殺は、内容証明などでその意思を伝えましょう。
    そのうえで、遺産分割調停を起こし、遺留分の請求をしたり、使い込みについての不当利得や不法行為の訴訟を起こすなどでしょう。
    遺留分については、とりあえず主張しておけばよいと思います、1年たてば、後から請求はできなくなりますので。逆にあとから要らなければ受け取らないことはできますので。

  • 相談者 404028さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございました
    遺留分については 内容証明でCに送ってあります

    つまり 遺産分割調停を起こし その中で 遺留分などを請求していけば良いということですね

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    遺産分割調停を起こし その中で 遺留分などを請求していけば良いということですね

    そうですね。
    その中でご希望の説明なども行うことになるでしょう。

この投稿は、2015年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す