教えてください

四年前に交通事故で死亡した娘(18歳)の裁判がこの9月にやっと終わり、被告側から損害賠償金がおりました。過失割合が45:55で娘は徒歩で過失45でした。そして元夫が離婚した後に入った車の保険があり、それに人身傷害保険がついていて、娘の過失の補われなかった部分が補填されるそうなんですが、その保険は離婚している私にも法的相続人として支払われるそうなんですが、保険屋さんの方から連絡がくるのでしょうか?
2014年10月29日 19時59分

みんなの回答

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
その保険は離婚しているあなたにも法的相続人として支払われるという約定であれば 保険会社からあなたに手続きの連絡が入るでしょう。

2014年10月29日 20時24分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
元夫が契約している自動車保険の人身傷害特約に基づく保険金の支払いになりますから、まず請求書類を元夫が保険会社に提出する必要があります。

その際に元夫側から法定相続人の一人として必要書類に記入して、印鑑証明書を付けて送ってきてほしいとあなたに協力依頼の連絡が入るはずです。

あなたとしては、元夫が契約している保険だけに内容がつかみにくいと思いますから、内容を確認したうえで、手続きに協力する前に元夫との間で事前に合意書を取り交わしておいた方が無難なように思います。

特約に基づく保険金は全額が元夫に支払われるのが通常であり、その後お二人の間でどうするかが問題となることがあるからです。

2014年10月29日 20時31分

相談者
娘が亡くってまもなく(四年近く前)委任状と印鑑証明書を送ったことはありますが、四年たっても それはいきてるものですか?

2014年10月29日 20時40分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
四年前に送った委任状と印鑑証明書が何に用いたものか(自賠責の被害者請求を先にしておられませんか?)が不明確なので、正確な回答になっていないかもしれませんが、人身傷害特約による保険金が先におりている場合と、まだおりていない場合と両方が考えられます。

前者であれば、今回の判決のなかで触れられているはずです。後者であれば、手続きのことを保険契約者である元夫に確認してみられたらよいと思います。

2014年10月29日 21時14分

相談者
川崎政宏先生。ありがとうございます。
今回の判決では 被告側からの賠償金のみで、その過失割合で人身傷害保険金が変わってくるというお話だったので、これからでる方だと思います。労災からの一時金とかもおりてたんですが、元夫は、私には何も連絡をくれませんでした。なので今回の人身傷害保険のことも弁護士さんに聞いただけで直接 元夫からは聞いてません。弁護士さんを通して 私には人身傷害保険金を渡したくないようなことをいったそうです。でも、受取人を決めていない保険だったみたいで、法定相続人は元夫とわたしになるということなので、元夫がそういう態度にでるのなら、私は保険金をしっかり受け取ろうと思いました。 最初はそんな保険金はいらないと思いましたが 相手の態度があまりにも理不尽なので気持ちが変わりました。
元夫には話は聞きたくないのですが、保険屋さんに聞くことはできますか? もし、四年前に書いた委任状と印鑑証明書がこの保険のものだったとしたらどうなりますか?

2014年10月29日 21時39分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
4年前の委任状について内容がはっきりしないので、正確な回答になっていないかもしれませんが、通常は法定相続人がお二人であれば、どちらか一方を代表受取人とする趣旨の書面ではないかと気になっています。たとえば、手続きをあなたが元夫に一任するといった趣旨の委任状です。

保険会社は契約者である元夫と話を進めるのが通常ですから(元夫が顧客ですから)、あなたが問い合わせても教えてもらえるかどうかは何とも言えません。

むしろ、元夫に代理人弁護士がついているのであれば、その弁護士に手続き、進捗状況をふくめた詳しい事情を確認するのが早いと思います。

2014年10月29日 21時58分

相談者
弁護士さんは損害賠償請求事件を依頼した弁護士さんで 人身傷害特約のための弁護士さんではないので その弁護士さんは口をはさめないそうです。でも、だいたいのことは分かりました。
ありがとうございました。

2014年10月29日 22時08分

この投稿は、2014年10月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続で遺産の割合に納得できないときの対処法まとめ

「自分の遺産の取り分はもっと多いはず」「他の相続人がもらいすぎではないか」「そもそも財産の相続したくない」。こうした悩みがあるとき、自分の貢...

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、兄弟の中で自分だけが、亡くなった親の介護をしてい...

【交通事故】自分が加入している人身傷害保険を使うメリット・デメリット

自動車保険には人身傷害保険という特約があり、交通事故で被害を受けた場合に利用することができます。自分が加入している人身傷害保険を利用すること...

過失割合10対0の交通事故で治療を受けるときに相手方の任意保険会社とやり取りする場合のポイント

過失割合10対0の交通事故でケガの治療をする際に、相手方の任意保険会社から、「健康保険を使って治療してほしい」「労災保険を使ってほしい」といった...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 生命保険 不当な転換の取り消しを求めたいが・・

    3年前の話になりますが、生保の外交員が来訪して保険の見直しを勧められました。 今までの終身保険だと80歳で終了する医療保険が、永遠に継続されるということで有利に思えました しかしそれまで、60歳で保険料払い込みが終了する今まで保険でしたが、73歳まで継続して払い込むことは事前の説明で聞いてましたが、その保険料が63歳か...

  • 人身傷害保険と自賠責保険の違いについて

    去年の12月にひき逃げにあいました。犯人はまだ捕まっていません。 治療費は労災、慰謝料は自社の入っている保険の人身傷害保険でみてもらっていました。 先日慰謝料の計算の紙がきたので内容を確認すると、3か月までは1日4200円。それ以降は4200円の75%という計算になっていました。 やはり人身傷害保険と自賠責保険とでは支払われ...

  • 交通事故で保険を使うか使わないか

    車対車の交通事故にあい、保険を使うか使わないか迷っています。 お互いの車が全損 過失割合は50対50 時価額により 相手の車の損害 995,414円 自分の車の損害 874,000円 対人賠償はなし。 お互い軽症。 私はむち打ち通院していますが、お互いの人身傷害保険でみてもらっています。 私は現在 7等級の事故あり係数0...

  • 保険金返還の時効。保険金返還の時効ではないのですか?

    昨日もご相談致しましたが、引き続きお願いします。 火災後、自宅と延焼した家にはそれぞれ保険金がおりました。 延焼した家には1000万円下りました。 それから時を経て、四年経ちました。それで現段階で一審判決、重過失が認められて延焼先に200万円の損害賠償が発生しました。 そうなってくると、延焼先の家の保険会社が延焼先...

  • 人身傷害保険特約の支払いについて

    保険会社から、人身傷害保険特約は私の過失分について補填されるものではないと言われました。 現状はこちらの過失が3割、相手の過失が7割で交渉中です。 話がまとまった後、相殺された私の過失分の3割については、自身が契約している保険会社の人身傷害保険特約から支払いがあると思っていたのですが、 結局、私の過失分につ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。