相続について

ある相続のおける相続税の負担の割合は、それぞれの相続人で異なるのでしょうか?

例えば、相続人が長男と次男の子2人であり、長男が3分の2、次男が3分の1といった相続割合で相続した場合の、長男と次男の相続税の負担は異なるのでしょうか?

ご教示願います。
2014年01月23日 13時32分

みんなの回答

花房 賢
花房 賢 弁護士
ありがとう
 相続税については現実の相続分の割合で負担額が決まることになるため、遺産分割等で各相続人の相続分が異なるようなケースでは相続税額も異なることになります。

2014年01月23日 13時44分

相談者
ご回答ありがとうございます。

相続人間で相続割合を決めた後に、相続税額は役所などから各相続人宛へ葉書などで通知がくるのでしょうか?

実はこの話は次男である私の父親の話でして、

(農地の)相続自体は5年ほど前に終えており、ここ最近に農地の買い手が見つかり売却が行われるのですが、相続税の納付の通知も自宅にきた記憶もないそうなのですが、どういうことなのでしょうか?
兄(長男)に相続の手続きから売却の手続きまで全て任せていたそうなのでどのくらいの税金を含め経費がかかったのかよく理解していないそうです。


基礎控除の範囲内ということも考えられますが、その他にどういったことが考えられるのでしょうか?
2人の相続割合が異なるにもかかわらず、全ての相続をおこなっている長男が作為的に次男に多い相続税を払わせたりすることも可能なのでしょうか?

よろしくお願いします。

2014年01月23日 15時08分

花房 賢
花房 賢 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 相続税については相続人の方から申告をして納付をすることになるため、申告をしないまま放置してしまうと延滞税が発生するおそれがあります。
 基礎控除の範囲内であれば申告をしなくてよいこともありますが、相続税が発生するか否かについては財産の総額やその他控除等の可能性も確認する必要がありますので、税理士さんに一度相談してみてはいかがでしょうか。

2014年01月23日 16時23分

相談者
なるほど、基礎控除の範囲内であれば、納付はおろか申告すら必要ないのですね。

ご親切にありがとうございました。

2014年01月23日 16時33分

この投稿は、2014年01月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

相続で遺産の割合に納得できないときの対処法まとめ

「自分の遺産の取り分はもっと多いはず」「他の相続人がもらいすぎではないか」「そもそも財産の相続したくない」。こうした悩みがあるとき、自分の貢...

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、兄弟の中で自分だけが、亡くなった親の介護をしてい...

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 代襲相続の場合の相続税

    被相続人の子が存命ですが、その子どもが相続欠格になり、孫が代襲相続人になる場合には相続税の2割加算はありますか?

  • 相続分割。その三人で、被相続人の遺産を三分割するのでしょうか?

    相続人が二人だと、均等相続の場合、相続割合は、50%ですが、一人の相続人が死亡し、その子供が二人いると、相続人が三人になります。その三人で、被相続人の遺産を三分割するのでしょうか?

  • 相続関係の中に代襲相続と数次相続ある場合について

    遺産分割協議をしていなかった土地建物があり、相続関係の中に代襲相続と数次相続ある場合について、質問があります。 被相続人に直系尊属も直系卑属もいない場合、代襲相続が起こるのは姪・甥までで、姪・甥の子には代襲相続は起こらないとなっています。 30年前に亡くなった被相続人に、直系尊属も直系卑属もいなく、故兄...

  • 代襲相続人の相続放棄について

    代襲相続人の一人が相続放棄した場合、残りの相続人全員の取り分が増えるのでしょうか? 例をあげます。 ・被相続人 ・被相続人の長男(被相続人より先に死去) ・被相続人の二男(相続人) ・被相続人の長男の長男(代襲相続人) ・被相続人の長男の二男(代襲相続人) このケースで「被相続人の長男の長男」が相続放棄すると...

  • 相続発生後の特別受益と思われるものについて

    相続調停中です。相続人は母長男次男長女です。 被相続人が使用貸借で長男に使わせていた店舗が特別受益として認められた場合に、その家賃分(20万円)が特別受益で持ち戻して相続財産に加わりそれを法定相続で分けるまでは理解したのですが、 ①相続から分割協議成立まで3年間とした場合、その間の家賃分相当の金額(20x12x3...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。