1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 相続分
  4. 相続できる額から差し引かれる生前贈与とは?

公開日:

相続できる額から差し引かれる生前贈与とは?

2014年01月01日
ベストアンサー
被相続人の不動産を担保に、自宅を購入した相続人は
生前贈与を受けた事になりますか?

そして、自分の相続分から、土地代が差し引かれるのでしょうか?
相談者(223980)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
>被相続人の不動産を担保に、自宅を購入した相続人は
生前贈与を受けた事になりますか?
>そして、自分の相続分から、土地代が差し引かれるのでしょうか?

基本的にはそういう考え方でよいです。

2014年01月01日 22時46分

弁護士B
ベストアンサー
ありがとう
土地の担保提供を受けただけで,自宅購入資金を全額自分で支払ったのであれば,生前贈与にはなりません。その土地は,相続財産のままです。

2014年01月01日 23時39分

相談者(223980)
元日より、早速のご回答ありがとうございます。


弁護士B様のご回答によると、
「 自宅購入資金を全額自分で支払ったのであれば、 」 生前贈与には当たらない
との事ですが、相続発生時に、「 住宅ローンの返済が終わってない 」場合はいかがでしょうか。

やはりその場合は ”生前贈与” 扱いとなり、

 <1> 相続できる額 = 法定相続分 - 住宅ローンの残額

又は、

 <2> 相続できる額 = 法定相続分 - 担保物件価格

のいずれかになりますか?



何度もお手数ですが、ご回答いただければ幸いです。

2014年01月02日 01時01分

弁護士B
ありがとう
やはり,贈与したわけではないので生前贈与にはなるわけではありません。名義はこれから,被相続人から相続人の誰かに移転させなければならないのですから。
ただ,分割協議において,その自宅を建てた相続人に対し,担保不動産と法定相続分に足りない部分(〈2〉と同じ)を取得させればいいのですから,そうするならば,そこの部分を生前贈与と言うか言わないかは関係無く,結果的には同じことになります。

2014年01月02日 14時46分

この投稿は、2014年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、兄弟の中で自分だけが、亡くなった親の介護をしてい...

相続で遺産の割合に納得できないときの対処法まとめ

「自分の遺産の取り分はもっと多いはず」「他の相続人がもらいすぎではないか」「そもそも財産の相続したくない」。こうした悩みがあるとき、自分の貢...

被相続人の生前に家業を手伝っていた相続人が「寄与分」を主張できるケース

被相続人の生前に家業を手伝っていたような場合、遺産の取り分を増やしてほしいと考える相続人もいるでしょう。生前の被相続人に特別な貢献をした相続...

被相続人の生前に金銭的な援助をしていたとき「寄与分」を主張できるケース

「被相続人の生前に借金を肩代わりした」「マンションの頭金を用意してあげた」ーー。被相続人の生前、こうした金銭的な援助をしていた場合、相続する...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続の際、銀行に融資してもらって代償分割する場合の利子負担について。

    父が被相続人、私と妹が相続人になります。 父の資産は父が経営していた全会社株式と土地建物不動産になります。 相続人は妹と私の二人になります。 ・類似業種批准価額と純資産価格を併用した  会社所有の土地建物の相続評価額を反映した全株式総額 ・父個人の土地建物の相続評価額 以上の合計額を半分づつの比率で相続をする...

  • 不動産を相続分割するまでの賃料や固定資産税について。

    現在被相続人所有の家屋に無償で住んでいます。 この家は私ではない他の相続人に相続されることになりそうです。 1、この場合、相続開始から実際に分割して相続するまでの間に無償で住んでいたことは問題になりますか? 2、また、相続開始から分割までの間の固定資産税はどのような扱いになるのでしょうか? 3、この物件以外...

  • 相続時精算課税制度による生前贈与を受けた後、遺言書にて他人へ全額贈与すると書かれてしまった場合

    父が、母の死後、女性が出来たようです。 この度、父が体を壊したのですが、女性が父の側から離れる事無く付き纏っています。 その様子を前々より見て下さっていた方々より、後妻業の可能性が高いから気をつけなさいと忠告を受け 相談させて頂きました。 父が持っている財産は、亡くなった母が家族の為にと作ってくれました。 ...

  • 土地譲渡の基準額 贈与税の対象にならないための適切な価格とは?

    祖母から相続した土地・家屋が田舎にありますが、私は住む予定がありませんので、実際に住んでいる叔父に譲渡したいと考えております。相続ではないので、贈与税が大きいのではないかと心配しております 田舎すぎて売れるような土地ではありませんが、無償譲渡だと贈与税が発生すると思います。有償譲渡の場合、適切な価格というのは...

  • 相続不動産の占有に係る家賃相当額を請求できるか否か

    相続開始後に、相続対象の住宅を買い取らず売却もせずに占有し、結果として不動産価値を下げた状態で売却して相続額を減らした一部の相続人に対して相続人として家賃相当額を請求できるか否か。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。