遺産分割協議書作成にあたり、成年後見人か補佐人を必要とする場合について

お世話になります、遺産分割協議に関しての質問です。

ある女性が亡くなり、相続人全員で遺産分割協議をしています。
相続人は19人と多く、私が代表者として各相続人のお宅を個別に訪問し、遺産分割協議書に署名、実印押印をしてもらいました。

ところが、最後に伺った相続人の所で問題が持ち上がりました。

その相続人は2人の姉妹なのですが、お姉さんの側に子供の頃より知的障害があり、もう何十年も大病院に入院されているそうなんです。お姉さんは現在は63歳で独身です。
妹さんの方は問題なく署名押印していただきました、妹さんは既婚で旦那さんも健在です。

御姉妹のご両親はすでに亡くなっており、男性兄弟が1人いたのですが、平成22年に亡くなっています。
ですので、妹さん御夫婦が、入院しているお姉さんのお見舞いに行ったり、身の回りの物を買うお金をあげているそうです。

ということですので、入院されているお姉さんからは遺産分割協議書に署名・押印していただけそうもない状況です。
妹さんご夫婦のお話では・・・
「姉は自分で印鑑登録に行けそうも無いです・・・」
・・・との事。

そこで、他の相続人とも話し合い、成年後見人制度を利用しようという事になり、司法書士さんにお願いしました。

ところが・・・・・・
裁判所に提出する書類として、主治医の先生に「診断書」を書いてもらったのですが、主治医の先生の判断では「成年後見人」ではなく「補佐人」が必要程度であるとの事らしいのです。

そこで、私が区役所に問い合わせた所・・・・
「成年後見人が必要な方の場合は印鑑登録は出来ませんが、補佐人が必要な方の場合には印鑑登録はできますよ^^」
・・・との回答でした。

ということは、ご姉妹の妹さんが「姉には成年後見人が必要だと思います。」と感想を言っても、お医者さんの判断では「補佐人でよい」との診断書なわけですから・・・

入院しているお姉さんに印鑑登録をしてもらい、遺産分割協議書に署名・押印してもらい、分割協議書には「ご姉妹には法定相続分を受け取ってもらう旨」を明記し、その通りに遺産を分割すれば、法律上も倫理上も問題はないと思いますが、どうでしょうか?

というのも、お医者さんに診断書を書いてもらうだけで2ヶ月もかかってしまい、相続人全員で困惑している状況なのです。

どうぞよろしくお願いいたします。




2013年09月12日 22時55分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
遺産分割協議書に署名・押印してもらい、分割協議書には「ご姉妹には法定相続分を受け取ってもらう旨」を明記し、その通りに遺産を分割すれば、法律上も倫理上も問題はないと思いますが、どうでしょうか?

・保佐相当といえども ご本人は判断能力・法律行為能力に支障をお持ちということになりますので 遺産分割協議には 保佐人の同意が必要となるのが法律の立場です(民法13条 1項 6号)。

ただ保佐相当程度ですと 任意後見人の選任も可能ですので お急ぎの場合にはその利用を検討されてもよいと思います。

2013年09月12日 23時03分

弁護士B
ありがとう
法律上,倫理上問題がないとは言えないと思いますが,実際,そういった形で分割協議をしてしまうことはよくあると思います。遺産が預貯金だけというのなら,もともと法定相続分に基づいて当然分割されていますから,問題は少ないと思います。

2013年09月13日 01時28分

相談者
A先生、B先生、さっそくのご回答ありがとうございました。
いくら預貯金を法定相続分の通りに分けると言っても、法律上は補佐人を立てないと問題があるということですね?

そこで、他の相続人や知的障害のある方の妹さんご夫婦とも相談したのですが、成年後見人を立てることにしようと思います。
この場合には妹さんのご主人が後見人となるのが良いだろうとの事で、話がまとまりました。
「後々の事を考えると補佐人でなく成年後見人の方がいいな^^」とご主人もおっしゃっていますので。

ですので、お医者さんにもう一度診断しなおしてもらい「成年後見人が必要」という診断書を作ってもらう事にしました。
妹さんの証言では「お姉さんはかなり障害がひどい。」との事ですので。

問題は・・・・・・
診断書をお願いしてから出していただくまでに2ヶ月もかかるので、これがどうしようもなくしんどいですね。

実は、今年の6月末に司法書士さんに成年後見人申し立ての手続きをお願いし、8月末に「もうそろそろ裁判所から審判が降りる頃かな?」と思って連絡を取ると・・・
「昨日やっとお医者さんの診断書が私の所に届きました^^」
との事。

相続人一同脱力、唖然としてしまいました。
亡くなった方が後妻で入った家のお子さんと養子縁組を忘れていたために、相続がややこしくてどうしようもありません。

今回も、お医者さんの診断書は裁判所の鑑定ではないのでもう少し早めにお願いしたいと相続人一同思うのですが、これはどうしようもないでしょうか?










2013年09月14日 17時04分

弁護士A
ありがとう
今回も、お医者さんの診断書は裁判所の鑑定ではないのでもう少し早めにお願いしたいと相続人一同思うのですが、これはどうしようもないでしょうか?

・通常1~2週間で診断書を提出してもらえるはずですが 急いでもらうか 慰謝を変えるか

2013年09月14日 17時45分

相談者
病院には急いでもらうようにお伝えしておきましたが・・・なるほど、違うお医者さんに診てもらうという事もできるわけですね?
いろいろと教えていただき、ありがとうございました。



2013年09月18日 14時30分

この投稿は、2013年09月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、兄弟の中で自分だけが、亡くなった親の介護をしてい...

相続で遺産の割合に納得できないときの対処法まとめ

「自分の遺産の取り分はもっと多いはず」「他の相続人がもらいすぎではないか」「そもそも財産の相続したくない」。こうした悩みがあるとき、自分の貢...

【成年後見制度】「任意後見」の仕組みと後見人を選ぶ手続きの流れ

将来自分が認知症などの影響でものごとを正常に判断することができなくなってしまったら…。そうした事態に備えて、本人の判断能力が十分あるうちに、自...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 寄与について教えて下さい

    結婚約20年の妻より離婚を申し出され、現在妻の弁護士と話をしています。 妻は養母(妻のおば)の遺産約3千万円と家と土地を相続しましたが、相続を妻だけの力で出来たのではありません。 妻は養母の入院生活の世話や通院の付き添いなどを、ほぼ零に等しいくらいしかしておらず、全てといって良いほど、私がしてきました。 養母が...

  • 遺産相続協議書の偽造の疑い、先方の税理士は見せ用提示、先方の弁護士は遺産相続協議書原本を開示しません

     祖母の遺産相続協議中は3姉妹の親の相続の問題であったので私は一切口をはさまなかったのですが、現状をみれば親は完全に2番目の姉に騙されたという状況です。祖母の苗字を耐えさせないためにと、2番目の姉の従妹の1人が何ら親戚の合意のなく勝手に祖母の養子になっており、本人は現在医者で社会的立場も収入も十分にあることから相続...

  • 公正証書遺言書がある場合

    質問お願いします。数年前母親が他界し一枚の遺産分割協議書に兄妹全員印を押しました。父親が健在だった為言われるままにしました。昨年父親が他界し10年前に作成していたと言う遺言書があると長男から聞き、それは長男に全財産を相続させる。内容の父の公正証書遺言です。亡き母の時は誰からもある事は聞かされず、初めて聞いて驚いて...

  • 遺産分割の署名・押印について

    父親は軽い障害者です。物事の分別はつきます。本当に軽い障害者です。今回相続の問題で父親は弁護士をつけました。相続人との相続の問題がまとまり、弁護士の方に遺産分割協議書を作成してもらいました。遺産分割協議書に署名・捺印の欄が御座いますが、父親は文字を書いたりするのが非常に苦手で基本的に無理です。実印等は自ら押せま...

  • 改めて遺産分割協議書は作れますか?

    弁護士先生、お世話になります。13年前になりますが、彼の父親が他界して、数ヶ月後に彼の母親は、全ての遺産を母親に名義変更をしていました。その中に、遺産分割協議書と言う内容があって、彼自身が押してもない印鑑が押されていました。母親がなりすまして押していました。彼の名前は、パソコンで書かれていたので、直筆ではありませ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。