法定相続分について

公開日: 相談日:2013年06月19日
  • 3弁護士
  • 4回答

不動産・預貯金については、遺産分割協議書がなくても、法定相続人は単独で法定相続分を自分のものにできると聞きました。
実際、不動産登記はどのように単独でできるのでしょう?
また、預貯金も相続人全員の印鑑証明がいると言って、金融機関が単独での引き出しに応じていないようですが、それをどうしたら単独で引き出すことに応じてくれるのでしょう?

185163さんの相談

回答タイムライン

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    銀行預金については
    自分の法定相続分は
    相続人が単独で引き出すことができるというのが
    最高裁判例です。
    しかし、実際には、相続人単独では
    預金を引き出させない銀行が
    多いです。
    したがって、
    どうしても自分の相続分だけ銀行に
    請求したいときは
    訴訟をするほかありません。
    弁護士を通じて請求した場合には
    それで応じる銀行もあります。

    不動産については
    法定相続分に従った持分の登記であれば
    全員分を単独ですることができます。

    登記には亡くなった方の生まれた時から死亡した時までの戸籍と
    そこから現在の相続人全員のつながりを示す戸籍が必要となります。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    相続人の一人が,保存行為として,共同相続人全員のために持分に応じた登記申請をするということです。ただし,分割協議は成立していませんので,いわゆる「遺産共有」の状態でしかなく,後で分割調停等を行えば誰かが単独取得することが可能であるという点で,確定的に持分を自分のものにできたという訳ではありません。
    預金の法定相続分の引出になかなか応じない相手には,「訴訟する」と言えばいいのです。

  • 弁護士 B

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    預金については 分割債権とされていますので 相続開始時点で当然に法定相続分に応じて分割帰属するというのが 解釈論です。ただ銀行実務として遺産分割協議書の提出を求めているだけです。したがって訴訟提起すれば必ず金融機関は法定相続分に応じた支払いに応じてきます。

    不動産については法定相続分に応じた持ち分登記に過ぎず 単独での遺産分割登記はできません。

この投稿は、2013年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました