1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 相続分
  4. 分割協議における口約束について

公開日:

分割協議における口約束について

2012年09月19日
ベストアンサー
15年ほど前に他界した祖父には6人の子供がおります。葬儀の際に貯金は6人で分割し、家・土地および遺品(刀など)は父が相続することで合意しました。
書面(分割協議書)の作成はせずに口約束です。
口約束とはいえ、他の兄弟に合意内容を覚えている方もいます。
貯金はすぐに分割されましたが、家・土地の登記変更は行わずに現在に至ります。
父が余命わずかとなり、売却を前提に会計事務所に相談し、祖父から父へ登記変更を行うために父兄弟に相続分譲渡証明書への実印と印鑑証明書の返却をお願いしました。
ですが、叔父叔母の一部の了解が得られずに登記変更できない状態が2ヶ月以上続いております。説明のために叔母に家に伺ったのですが、家を売却することは承諾できない、息子である私が家を継ぐことが条件と言われています。
さらに刀を売却したことに腹をたて(家宝を売った泥棒ねことまで言われました)弁護士を雇って訴えるとまで言われています。もちろん父の承諾を得た上での売却です。
家・土地は祖父が他界する前から父母が住み続けており、固定資産税や光熱費等は父母が負担しています。
刀は売却した店からさらに売却され、買い戻すことは不可能と言われており、また売却額は15万円です。
相談したいのは以下の2点です。
・家・土地の相続に関しての同意が得られない場合の方法として家庭裁判所に調停を依頼する方法があると思いますが、その場合に口約束の内容を証明する義務はこちらにあるものでしょうか。ある場合、叔父に証人になってもらうことで証明となるものでしょうか。
・刀を売却したことに対して訴えられた場合に損害賠償などを支払う義務は生じるものでしょうか。家・土地同様に、口約束の内容を証明する義務はこちらにあるものでしょうか。
以上、よろしくお願いします。
相談者(140388)の相談

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
家庭裁判所の調停を申し立てるということは、改めて話し合いで遺産分割協議をするということです。以前の口約束はもちろん当時の事情として他の相続人に譲歩をさせる理由にはなりますが、調停で話し合う以上、他の相続人が承諾しないかぎり父が相続する内容の協議は期待できません。遺産分割協議が既に成立しているなら、土地家屋、刀とも父が所有権を取得したことになりますので、むしろ他の相続人相手に、遺産分割を原因とする持分の移転登記手続請求訴訟を提起して、裁判のなかで遺産分割の合意の存在を立証していくことになるでしょう。そこでの立証責任は、遺産分割の合意の存在を主張する父にあります。刀も同様です。立証できなければ請求が棄却されますので、改めて遺産分割協議の調停を申し立てて協議をしていかざるをえません。

2012年09月19日 22時48分

比護 望
比護 望 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
遺産分割の合意が済んでいて、その合意に基づき、移転登記手続などをするということであれば、遺産分割調停の問題ではなく、それに応じない法定相続人を被告にして民事訴訟をするという手続になります。
その場合の合意の立証責任は、原告にあります。
その合意が証明できれば、刀に関して損害賠償請求訴訟が提起されても、請求棄却となります。

2012年09月19日 22時49分

この投稿は、2012年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

親の介護をしていれば他の兄弟より多く遺産をもらえるのか

遺言を残さずに親が亡くなった場合、兄弟同士の遺産の取り分はそれぞれ同じ割合になります。では、兄弟の中で自分だけが、亡くなった親の介護をしてい...

相続分を譲渡する方法l自分の相続分をあげたい人がいる場合の手続き

「遺産はいらないが、自分の取り分を譲りたい人がいる」。このような場合、「相続分の譲渡」を行うことで、自分の相続分を特定の人に譲ることができま...

相続で遺産の割合に納得できないときの対処法まとめ

「自分の遺産の取り分はもっと多いはず」「他の相続人がもらいすぎではないか」「そもそも財産の相続したくない」。こうした悩みがあるとき、自分の貢...

遺品の中からブランド品が…売却したら相続放棄できなくなる?

亡くなった人に借金があり、相続放棄を検討している時に、遺品の中からブランド品が出てきたーー。このような場合、ブランド品を引き取って使ったり、...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続人間で協議が終わっていないのに、Jに訴えられた場合はどうしたら良いのでしょうか。

    伯母.父,叔母=共有不動産(土地家屋)を管理。家屋は、築年数が60年以上経過。 土地取引に際しての重要書類を先代より父が預かっていた。 その書類はJが何に変えても欲しい代物だと父が家族だけに話してくれた時があった。 J=不動産の売買相手。 相続人で土地家屋共有者が増えると想定されたが、伯母.父,叔母の意見は様々...

  • 墓地部分を含む畑の売却について

    お尋ねします。 田舎の両親が死亡し、当方は畑を相続しました。男兄弟が3人います。その畑の一画には先祖代々の墓地があります。墓地の部分は測量したことがありませんが20~30坪くらい有ると思います。墓地として登記はされていません。代々の私的墓地です。今回、その畑を売ろうと思うのですが、売買契約書に「墓地部分を除く」と記...

  • 相続財産である土地に売買、権利の問題が。相続や必要な手続きが知りたい

    数年前から軽い認知症だった父の死により相続が発生。相続財産である土地の一部に売買と権利の問題が。質問は大きく2つです。 1 土地の売買自体はかなり前のことで、代金は受領済み。必要な手続きが未完。土地は当時から買い主が使用している。 震災で被災し住居を解体したため、売買の書類が残っているのか不明。 買い主は仮登記...

  • 兄弟間で締結した土地売却の合意書は有効でしょうか?

    昨年、父が他界し、遺言により私と兄・弟の3人が土地の分与を受けました。兄が分与された土地は広い道路に面していますが、私と弟の土地は道路に面しておらず、売却することが困難です。そこで、3名が司法書士に相談をして合意書(普通のA4用紙に司法書士が文言を記入したものです)を作成し、実印をついて、3名がそれぞれ保管するこ...

  • 家屋の持ち分相続登記により予想される問題点について。

     20年前に祖父が亡くなり10年前に父が亡くなった後、周囲を山林に囲まれた田舎の実家が空き家のまま残っております。土地は父の名義でしたので兄の名義で相続登記済みですが、家屋は祖父の名義のままとなっております。先月末のことですが、父と折り合いが悪く葬儀にも顔を見せなかった父の妹が家屋の持ち分の登記を希望していると...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

相続分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。