登記の名義変更後の登記識別情報通知書について

公開日: 相談日:2021年02月06日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

相続登記についてお尋ねしたいことがあります。 親が亡くなり、親名義の土地と建物を子ども名義に変える時の相続登記の名義変更を自分たちで行おうと思っています。
土地と建物を相続する手続きを相続人1人に任せるように委任状を作ると手続きをしない他の相続人は名義変更後の登記識別情報通知書は貰えないのでしょうか?

弁護士の先生の方々お教えください。よろしくお願いいたします。

995417さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    土地と建物を相続する手続きを相続人1人に任せるように委任状を作ると手続きをしない他の相続人は名義変更後の登記識別情報通知書は貰えないのでしょうか?

    本件は法定相続に基づく共有登記になると思いますが、その場合、相続人全員で登記申請をするか、相続人の一人から単独で申請するか、いずれかが考えられます。
    後者の場合、委任状は不要です。

    相続人の一人から登記申請をする場合、登記識別情報は登記申請人にしか交付されませんので、他の申請していない相続人は登記識別情報をもらえないことになります。


    ご参考までに。

  • 相談者 995417さん

    タッチして回答を見る

    お答えいただき、ありがとうございました。
    もし3人で行って申請した場合、3人とも登記識別情報通知書はもらえるのでしょうか?通知書を3つに割ったことで、売る時に支障はあるのでしょうか?
    それとも1人がまとめて申請して、通知書も1つだけの方が良いのでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    東京都1位
    タッチして回答を見る

    > もし3人で行って申請した場合、3人とも登記識別情報通知書はもらえるのでしょうか?

    法務局に提出するのは1人で構いません。
    ただ、申請書には3人の名前を記載して、押印してください。
    相続登記の申請書の押印は認印でも構いませんが、後々のトラブルを避けるため、実印で押印されることをお勧めいたします。
    なので、申請書に3人の押印をもらって、1人が提出しに行くというのなら、3人で申請したことになります。
    なお、昔と違って、今は郵送で申請することも可能です。
    ただ、法務局で、提出前に無料の登記相談を受ければ補正が入る可能性が低くなるので、一度法務局に行かれた方が安心とは思います。
    この登記相談も1人で大丈夫です。

    3人が押印して申請すれば、3人に登記識別情報が交付されます。
    特に売るときに支障はありません。


    それとも1人がまとめて申請して、通知書も1つだけの方が良いのでしょうか?

    登記識別情報は、共有者ごとに1枚ずつ発行されます。
    ただ、申請していない相続人(申請書に押印をしていない相続人)には発行されないということになります。
    このシステムをまずはご理解ください。

    そして、登記識別情報がないと、司法書士の本人確認がないと所有権移転登記ができません。
    本人確認のためには費用がかかります。
    司法書士によりますが、5~10万円という余計なお金がかかるのです。
    なので、全員分の登記識別情報があった方が、売る際は費用の負担を軽減できて好ましいのです。




この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す