弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

地上権抹消登記(相続有)の訴訟について

こんにちは。訴訟についてご教示ください。
自分の土地に古い地上権がついておりこれを抹消したいと思っています。地上権者は相続により数十人となっており印鑑はもらえません。地上権の存続期間は満了しています。その上で以下の点をお教えください。
1、不動産登記簿を見たら、存続期間が満了していますし、相手方に争うメリットが考えられないので、こちらが訴訟を提起したら皆欠席となり、勝てると思っていますが、正しい推測でしょうか。
2、簡易裁判所への提起を考えていますが、地裁に移送される可能性はどの程度ありますでしょうか。
3、何か他に簡易な方法はありますでしょうか。
以上、宜しくお願いいたします。
ぞうぞうさん
2019年01月03日 20時47分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
皆が欠席するかはわかりませんし、相手の住所を調べるのが大変です。

2019年01月03日 21時33分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 1、不動産登記簿を見たら、存続期間が満了していますし、相手方に争うメリットが考えられないので、こちらが訴訟を提起したら皆欠席となり、勝てると思っていますが、正しい推測でしょうか。

皆欠席するとは限らないでしょうし、欠席しても必ず勝てるということでもないと思います。

> 2、簡易裁判所への提起を考えていますが、地裁に移送される可能性はどの程度ありますでしょうか。

その不動産価格にもよると思います。
なお訴額が140万円以下でも、複雑な案件は地裁に移送される場合もあります。

2019年01月04日 04時32分

ぞうぞう さん (質問者)
早速のご返事ありがとうございます。
申し訳ないありませんが、下記二点もお願いいたします。

訴状は被告ごとに作成するべきなのですか。被告に全員まとめて作成できるのですか。

複雑な案件は地裁に移送されるとのことですが、対象土地は評価額が山林で低額ですし、内容は存続期間が満了したことによる抹消ですので、事務的と思っています。(ここに書いていない以外の懸念事情は無いと仮定します)相続人が多数という理由でも移送されるのですか?

2019年01月04日 08時54分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 訴状は被告ごとに作成するべきなのですか。被告に全員まとめて作成できるのですか。

まとめてできます。

> 複雑な案件は地裁に移送されるとのことですが、対象土地は評価額が山林で低額ですし、内容は存続期間が満了したことによる抹消ですので、事務的と思っています。(ここに書いていない以外の懸念事情は無いと仮定します)相続人が多数という理由でも移送されるのですか?

あくまで要件としては「裁判所は、・・・相当と認めるときは、」となっているだけですから(民事訴訟法18条)、ありうると思います。
あと不動産に関する訴訟だと思いますので、被告の申立てによって、地裁に移送される場合があると思います(同法19条2項)。

2019年01月05日 05時38分

この投稿は、2019年01月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,738名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

遺産の名義変更に便利な「法定相続情報証明制度」を解説

遺産の名義変更の手続きには、被相続人や相続人全員の戸籍謄本が必要なことが多くあります。戸籍謄本の情報を1枚の用紙にまとめられる「法定相続情報証...

この相談に近い法律相談

  • 抵当権抹消登記に協力しない相続人がいるが抹消登記をするにはどうすればよいか

    質問をします。よろしくお願いします。  亡父の土地7筆を4人で3筆、2筆、1筆、1筆づつ取得することで 合意して相続し移転登記が完了しました。 すべての土地に異なる金融機関の抵当権が設定されています。 抵当権者の金融機関に問い合わせたところ、残債ははないので解除証書など 抵当権抹消登記に必要な書類を発行する...

  • 登記名義人の誤った仮登記抹消

    相続した土地の登記を確認したところ、昭和50年の売買予約の仮登記がついていました。 名義人の方は20年ほどまえに死んでおり、その相続人の人はこちらの知ってる人で、仮登記を抹消することに承諾していただいたのですが、登記したときのミスだと思うのですが、仮登記名義人の名前が一文字違っており、住所も数回引っ越して当時の...

  • 代位登記の抹消について

    自宅を担保に借入をしていた父が亡くなりました。 (自宅は父名義) 母、兄は父死亡後3ヶ月以内に相続放棄。 債権者が自宅を競売する為に、当時相続放棄をしていなかった私の名義に代位登記。 その後、私は相続放棄をしました。 相続放棄をしたため、この登記は抹消されると思いますが、その手続きについて教えてください。 ...

  • 古い未登記の建物の所有者変更をしたいです

    古い未登記の建物の所有者変更をしたいです。 祖父から母(健在)が相続した(と思い込んでいた)田舎の実家が未登記で あることがわかりました。固定資産税を払ってきたので気が付かなかったそうです。 相続時にトラブルはなく、正式な遺言も協議書もありません。 今後のために所有者変更をしたいのですが 兄弟と疎遠になって...

  • 相続登記・名義変更について

    父は13年前に他界し、母も今年に他界し、土地、建物、畑、田んぼの名義は、父の名義になっています。 変更をしなければいけないのではと思いますが、名義変更しなくてすむのであればこのままにしたいのですが、メリット、デメリットを教えていただけませんでしょうか。 また、名義変更には期限がありのでしょうか。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続登記・名義変更の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。