弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

個人事業の飲食店の継承について

今晩は
よろしくお願い致しますm(__)m

先祖から引き継いでいる小さな飲食店
土地、建物は父名義
現在の代表者は私の父、私は18歳からその店に従事している
暗黙の了解で私は跡取り、ネット上にもうたっている状態
今、諸事情で外で働く勤め人
いずれは帰り、事業を継ぎたいと考えている

そこで、父が自身の嫁(女将になる人)を生意気だと気に入らない状態、継がせない、縁起りと口で言い、店にも入るなと
話にはならない状態
(個人事業主、法務局には屋号届け出無し、先代から引き継ぎ時も書類などは無いと思います)

・事業は継げるのか継げないのか?
・親子といえども何かの訴訟は起こせるのか?
・強引?に引き継いだ場合はどうなるのか?

先生方、
よろしくお願いいたしますm(__)m




ぴん45さん
2019年01月03日 19時56分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
事業の継続方法は、複数あるかと思います。

2019年01月03日 20時25分

この投稿は、2019年01月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,724名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

遺産の名義変更に便利な「法定相続情報証明制度」を解説

遺産の名義変更の手続きには、被相続人や相続人全員の戸籍謄本が必要なことが多くあります。戸籍謄本の情報を1枚の用紙にまとめられる「法定相続情報証...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

この相談に近い法律相談

  • 法務局への所有権移転登記

    法務局への所有権移転登記のことで伺いたいです。相続での不動産移転登記ですが、司法書士への委任状が第三者の筆跡です。本来は譲り受ける本人が司法書士へ依頼して、委任状を書いて司法書士が法務局への届けだと思っています。司法書士は依頼者の本人確認などしないのでしょうか。また、法務局への委任状が第三者による委任状であれば...

  • 80年前に死亡した先祖の土地相続について

    祖父が田舎に莫大な土地を所有しておりました。 祖父と祖母が死亡してからは、長男である父の兄が30年近く固定資産税等を納付しておりましたが、一昨年突然死亡しました。 兄は独り身で家族はいない為、兄の死亡後は次男にあたる父が固定資産税を納付しております。 父も来年65歳で定年になり、莫大な土地の固定資産税の支払いが...

  • 相続登記・名義変更について

    父は13年前に他界し、母も今年に他界し、土地、建物、畑、田んぼの名義は、父の名義になっています。 変更をしなければいけないのではと思いますが、名義変更しなくてすむのであればこのままにしたいのですが、メリット、デメリットを教えていただけませんでしょうか。 また、名義変更には期限がありのでしょうか。

  • 先祖の不祥事 子孫への責任義務

    先祖の不祥事は子孫にどのくらい反映するのか?どのくらい守られているのか教えてください。 ①会社などを経営し既に会社は畳んでおり  その代の者ももう他界し、遺産相続等もすべて終わった後で  会社時代の不正などが見つかった場合  その子孫に何らかの賠償金責任や請求が行く危険性はありますか?  (通常は遺産放棄など...

  • 未登記建物の登記申請について法務局に申請が通らない場合についての対処法

    主人の祖父がおそらく建てたと思われる築46年の建物(昭和46年築)に10年以上住んでいるのですが、、 老朽化に伴いリフォーム予定で、 資金を銀行にローンを借りようと思っていたのですが、 建物が未登記だったので、司法書士にお願いして、 法務局に登記申請をしてもらっていますが、祖父が建てたとという書類などがなく 誰が建てた...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続登記・名義変更の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。