相続登記・名義変更について

公開日: 相談日:2017年09月09日
  • 2弁護士
  • 2回答

父は13年前に他界し、母も今年に他界し、土地、建物、畑、田んぼの名義は、父の名義になっています。
変更をしなければいけないのではと思いますが、名義変更しなくてすむのであればこのままにしたいのですが、メリット、デメリットを教えていただけませんでしょうか。
また、名義変更には期限がありのでしょうか。

583702さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    熊本県2位
    タッチして回答を見る

    > 名義変更には期限がありのでしょうか。
    期限はありません。


    > メリット、デメリットを教えていただけませんでしょうか。

    メリットは,登記手続費用を節約又は負担を先延ばしにできることです。
    デメリットは,その不動産を売ることも、抵当権を設定することもできないということです。
    大地震で公費解体をするときに,被相続人名義になっていた建物について,全ての相続人の同意を取り付けなければ,公費解体ができないということもありました。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    名義変更には期限がありのでしょうか。
    →相続登記は義務ではありませんので、期限はありません。

    メリットは、相続登記にかかる登録免許税と司法書士に依頼する場合、司法書士への報酬を節約できます。

    一番のデメリットは登記が複雑化する可能性がある点です。
    具体的には、このまま登記をしないで、さらに相続人の中の誰かが亡くなると、

    戸籍の取付けが複雑化する、
    持分も細かくなる(1000分の648の持分などになると、計算が大変です)、
    遺産分割協議をしたくてもできなくなるおそれがある、

    などのリスクが発生し、最悪不動産が塩漬けになってしまいます。

    できれば、早めに不動産を単独所有にするように遺産分割協議をして、登記を入れた方がいいと思います。

    ご参考までに。

この投稿は、2017年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す