弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

相続登記・名義変更 : 相続した不動産の登記や口座の名義変更

土地の相続をした後の遺産分割について

30年前ですが、土地について共同相続の登記をして三人の共有状態になっております。

これから遺産分割をして、相続人の1人の単有に移転登記できるでしょうか。

遺産分割なら登記の税金が安いと聞きましたので、質問しました
相続人3人の合意が成立するなら可能です。 あなたの直前の質問との関連質問であると仮定してお答えしますと、

もしあなたが破産することを前提に、あなたの共有持分を移す意図があるのなら、やめた方がよいですね。
遺産分割協議も管財人からの否認の対象とされますし、詐欺破産罪にも該当するおそれがあるとおもいます。
> 土地について共同相続の登記をして三人の共有状態になっております。
> これから遺産分割をして、相続人の1人の単有に移転登記できるでしょうか。

分割協議がまだならできるでしょう。共有で合意しているなら、共有分割の問題となります。
他の先生がご指摘のように破産直前の財産移転は止めるべきでしょう。
破産するなら、そのままにしておき、管財人を通じて売却する(他の共有者に買い取ってもらう)ということでよいかと思います。
(1)遺産分割のやり直しについて
 あなたのケースでは、既に遺産分割を行っているので、もう一度遺産分割を行うとすると、遺産分割のやり直しを行うということになります。
 遺産分割のやり直しも、相続人全員が同意すれば民法上は可能です。
 ただし、一般に、遺産分割のやり直しをすると、それ自体が贈与に類似するため、贈与税が課税される可能性が高いものと考えられています(「遺産分割」「やり直し」「贈与税」でインターネット上で検索して見て下さい)。
 贈与税が、相続税に比べてはるかに税率が高いことから、課税されると重い負担となり、何のために遺産分割のやり直しをしたのかわからなくなってしまいます。
 税務当局は登記簿上の不動産の動きを把握しているので、余計な課税リスクのあることはしないことをお勧めします。

(2)詐害行為との関係について
 あなたの前回のご質問を拝見しましたが、かなりの金額の借金があるようです。
 この状況で遺産分割のやり直しを行い、あなた以外のご兄弟に財産を移すとすると、それ自体が詐害行為であるとして債権者から取消の訴訟が提起される可能性があります。
 また、あなたが破産申立をすると、後日、管財人が遺産分割のやり直しについて詐害否認する可能性があります。
 この観点からも、遺産分割のやり直しは思いとどまることをお勧めします。

b4_7b90さん
2017年03月28日 12時59分

みんなの回答

佐々木 光嗣
佐々木 光嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年03月28日 13時41分

坂野 真一
坂野 真一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年03月28日 13時52分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう

2017年03月28日 14時54分

加藤 尚憲
加藤 尚憲 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年03月28日 15時36分

この投稿は、2017年03月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続財産をどう分けるのか…失敗しない「遺産分割協議」の進め方

いざ相続がはじまった時に、遺言がなかった場合には、相続人同士の話し合いで「遺産をどう分けるか」を決めていきます。この話し合いを「遺産分割協議...

相続の発生から遺産分割までの流れと手順、注意点

相続は人生で何度も経験するものではなく、どのように手続きを進めればよいのかわからないことも多いでしょう。トラブルに陥らないためにも、まずは相...

相続問題の弁護士費用 - 遺産分割や遺言、相続放棄などケース別の報酬相場

残された家族が揉めないように遺言書を作りたい、親族の話し合いが収集がつかないのでまとめてほしい、遺留分が侵害されたので取り返したいなど、相続...

遺産の分け方がまとまらなかったら…遺産分割調停・審判の手続きの流れ

遺産の分け方について、相続人同士の話し合いではまとまらない場合、家庭裁判所で、裁判官と調停委員を交えた「調停」という手続きで遺産の分け方の合...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

この相談に近い法律相談

  • 遺産分割協議書の相続人の住所について

    相続原因の不動産所有者変更届出について 遺産分割協議をしないで放っていた市場価値が無い不動産を相続人だけ沢山いて価格価値は無いないので、自分で相続登記しようと思っています。 相続人の中には会った事ない人が沢山います。 その中にはあそこの兄妹は、もう連絡を取合ってない(金の貸し借り・アル中が原因)どころか何...

  • 相続後に登記変更をしない相続人への対処法

    相続が完了したのですが、相続人の一人が相続した不動産の登記を変更しません。 そのため、その不動産だけ被相続人の名義のため、相続人代表であるわたしの元に固定資産税の請求がくるのです。 そしてその相続人はそれを支払いもしません。 今までの立替分の取り返し方と、これからの分をこれ以上私の元へ請求書が来ないようにするた...

  • 土地、建物の遺産相続

    恐れて入ります。この度、実家に引っ越しをしようとした際に住宅リフォームと、駐車場を広げたいと思い金利の安い信用金庫に出向きリフォームを組もうと思い出向きましたが土地、建物の担保が条件との事で登記簿謄本を取りましたが実家の土地、及び2階建てのうちの1階が亡くなった祖父の名義のまま変更されておらず、信用金庫からは祖父...

  • 滅失登記する前に相続する必要がありますか

    亡くなった父の家を解体いたします 登記名義人は父のみです 土地は借地なので返還します 解体した建物は滅失登記する必要があると読みました この場合先に相続をして所有者を示す必要がありますか

  • 相続すべき土地の分割の仕方についてご相談

    義父名義の土地が複数あります。 義父、義母、そして夫が他界しております。 (死亡したのは上記の順となります) 夫には弟がおり、妻子もあります。 私には子供がおります。 正直なところ、できることなら相続はしたくないですが、どうにを相続を免れるのは無理なようです。 しかしながら、夫の弟にその話をしても、「わから...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。