売買契約書で、土地の登記の名義変更は可能ですか。

当方の祖父(現、被相続人)が売買契約書を取交し、戦後、元土地の所有者から不動産(土地、家屋)を購入しました。
土地家屋の不動産を子供世代や孫世代とが、不動産未登記のまま相続しています。
不動産の登記簿上の名義は元所有者。
相続するにあたっては、当家の長男(当方の父)から当方へと受け継がれている。

1.例えば、購入当時の売買契約書で元所有者から当家に登記の名義変更は可能でしょうか。
2016年12月03日 20時27分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
法律上は、現実に起きたように登記しないといけないので、
前の所有者から祖父への売買を登記原因とする所有権移転登記をして、その後に、相続による所有権移転登記をする形になります。
前の所有者と現在の相続人とは直接の関係がないので、前の所有者から直接に今の相続人に名義を換える登記はできないのが原則です。
なので、相続人から前の所有者に対して祖父への売買による所有権移転登記の協力を求める形になると思われます。いずれにせよ、ややこしいことになるので司法書士に依頼することになるでしょうから、詳細は依頼する予定の司法書士に相談してください。
また、登記の手続的なことについては、登記所(法務局)でも相談に応じてくれます。

2016年12月03日 21時01分

相談者
梅村 先生、ありがとうございます。

>相続人から前の所有者に対して祖父への売買による所有権移転登記の協力を求める
その協力への話し合いも司法書士の先生が話をして戴けるものなのでしょうか。

2016年12月03日 21時44分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
話し合いというより、
売主は買主に登記名義を移転する義務があるため、
相手方が売った覚えは無いなどと主張しなければ交渉することでもないので、
単に相手方に必要書類(権利証など)の提示などを求めるだけのため、司法書士から通知するだけで済むでしょう。
売った覚えはない等と主張してきたら、それは登記とは別の法的な争いになってしまいます。

2016年12月03日 22時26分

相談者
梅村 先生、ありがとうございます。

売買したと言って来ると思います。
元所有者が、とたん場でどういう風になるのかは定かではありませんが。
元所有者は、喉から手が出るほど当家の土地が欲しいとの事で、当方が所持している契約書などと土地代金を交換したいと言って来ています。

土地は渡せないので登記名義の協力をして欲しいと言ったら、元所有者はそれを拒否してくると思います。
そうなった場合、元所有者と当家との間には行って話して戴ける専門の方は、司法書士の先生ですか、弁護士の先生ですか。

2016年12月03日 22時59分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
話し合いでらちがあかなければ
所有権移転登記請求の訴え提起か調停申立てを裁判所に提起して
裁判所で決着を付けるしかなくなります。
司法書士は簡易裁判所の管轄の事案しか仕事できないので(請求額が140万円以下の金銭訴訟など)、頼むなら弁護士になるでしょう。
仮に話し合いだけ司法書士に頼んでも、弁護士と司法書士とでは相手に与える印象が違いますし、話し合いで決着がつかなければ、結局、弁護士に依頼することになるので費用の二重出費となります。
司法書士も弁護士も強制ではないので、自分だけで全てやるのも法律上は可能です。

2016年12月04日 13時31分

相談者
梅村 先生、ありがとうございます。

2016年12月04日 16時26分

この投稿は、2016年12月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

相続した財産の名義変更を自分で行うための手続き

相続の手続きを進める中で、遺産の分け方が決まったら、遺産の名義を被相続人から自分の名義に変更しなければなりません。名義変更の方法は、不動産や...

遺産の名義変更に便利な「法定相続情報証明制度」を解説

遺産の名義変更の手続きには、被相続人や相続人全員の戸籍謄本が必要なことが多くあります。戸籍謄本の情報を1枚の用紙にまとめられる「法定相続情報証...

【相続】お墓は誰が受け継ぐのか|祭祀承継者の決め方やお墓の名義変更の方法などを詳しく解説

家族が亡くなって相続のことを考える際、お墓を誰が引き継ぐことになるのか気になる方もいるでしょう。お墓は他の遺産と異なり、「祭祀承継者(さいし...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 売買契約における所有権の行方。登記が現在の状態で可能なのかどうかをお伺いしたいと思います。

    A…当方祖父。被相続人。Xと60年年以上前に売買契約を交わし家屋付き土地を購入。 祖父に何があったのかわかりませんが、購入した土地家屋の登記をせず、そのまま50年以上が経過しました。その間に、祖父と祖母が亡くなり、相続をしないまま今日に至ります。 B…当方の父。祖父の長男。Aの後に他界。 5年前に父が亡くなり、固定資産...

  • 故人の氏名と印鑑で不動産売買を成立させたら、売買契約書は。

    当方の曽祖父Aが元所有者Jとで不動産の売買契約書を交わし、不動産はAの所有になりましたが登記していません。現在は当方ら曾祖父の曾孫世代への相続です。 今現在、改めて登記をしたいと思っています。 登記をしたい為、売買契約書などを最初から調べていくと、次の事が分かりました。 家屋の名義がJ、土地の名義がLになっ...

  • 任意後見人と不動産の売却

    高齢な祖母の任意後見人契約を交わしました。 祖母の老人ホーム入所(痴呆症状はなく、身体的に介護が必要なため)の費用等の工面の為に、祖母名義の土地の売却を考え、ようやく買い主が現れ、来月初旬、売買契約を交わすことになりました。 祖母との任意後見人契約書には不動産の管理が含まれており、公証役場でも祖母名義の不動産の売...

  • 土地の名義変更について

    母が数年前に祖父から今住んでいる家と土地を購入しました。 祖父が現在入院中で、余命もわずかな状態ですが、母は名義変更をしていなく亡くなた場合に遺産関連のトラブルになるかもしれす、今になて困っています。 祖父には毎月数年にわたりお金を振り込んでいたらしいですが、不動産売買契約書や金品受領書を母はもらっていませ...

  • 登記簿上の所有者が亡くなっている土地を購入するまでの流れとは?

    登記簿上の所有者が亡くなっている土地を購入するまでの流れとはどのようなものなのでしょう? 戸籍を元に相続人を探しその全員の了解を得て、当該土地を売却してもらいその後、購入者の名前で登記するのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続登記・名義変更の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。