弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与

死因贈与とは:遺贈との違いやメリット

遺贈と死因贈与は似ています。ただし遺贈は贈与する側の一方的な意思表示で成立するのに対し、死因贈与は契約の一種です。贈与する側とされる側、双方の合意が必要となります。ここでは死因贈与を選ぶメリットや、負担付き死因贈与について確認しましょう。

目次

  1. 死因贈与とは
  2. 遺贈と死因贈与の違い
  3. 死因贈与を選ぶメリット

死因贈与とは

死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力が生まれる贈与です。つまり、何かをもらえるのは贈与者の死後ということになります。そのため、贈与税ではなく相続税が課税されます。 財産の受け渡し方法としては、相続や遺贈(遺言によって相続人に財産を与えること)と比べるとあまり使用されていません。

遺贈と死因贈与の違い

遺贈は遺言者が遺言を残せばよいので、贈与する側の一方的な意思表示で成立します。それに対して死因贈与は契約の一種であり、贈与する側とされる側、双方の合意が必要となります。 また、遺贈は遺言書を作成する必要がありますが、契約は口頭でも成立するため、契約書を作成する義務はありません。ただし、相続開始後にもめる場合が多いので、死因贈与についても「贈与契約書」を作成し書面で証拠を残しておいたほうがよいでしょう。贈与契約書の書き方については、「生前贈与における贈与契約書の作成方法」をご覧ください。

死因贈与を選ぶメリット

遺贈との違いにもつながりますが、遺贈の場合、贈与される人は遺言書が開封されないと「もらえるもの」の内容がわかりません。一方で死因贈与の場合は、贈与する人・される人の合意で成立するため、亡くなる前に「もらえるもの」の内容がわかります。 また、贈与契約書を作成する場合でも、遺言書の作成ほど手間はかかりません。公証人も必要ありませんし、手書きでなくとも作成できます。また、遺言書と違い、相続開始後に検認は必要ありません。 詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

負担付き死因贈与も可能

贈与される側が、贈与する側の望む何かしらの「負担」について受け入れることで、贈与をする「負担付贈与」というものがあります。死因贈与の場合も、負担を付けた「負担付き死因贈与」とすることが可能です。 たとえば、贈与する代わりに、死後のペットの世話を頼みたい場合などに有効です。遺言書では法的効力のない付言事項とみなされる内容についても、負担付き死因贈与であれば生前に契約を結べます。 また、契約ですので相続放棄されたとしても契約が無効となる可能性もありません。確実に「負担」の内容が実現される可能性が高いです。ただし、不動産を死因贈与する場合は登録免許税が2%、不動産取得税が4%、一律で課せられますので注意しましょう。

死因贈与はメリットがありますが、税金について注意すべき点もあります。税理士や弁護士など専門家に相談することも検討しましょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

死因贈与に関する法律相談

  • 自宅を確実に長男に相続させるには

    相続贈与死因贈与

    質問  「 相続発生時に、一軒家の自宅を同居の長男に確実にのこせる方法 」 家族構成( 父、母、長男 + 次男は結婚で独立 ) 長男です。一軒家の名義は父と母で半々。 父母より、...

    5弁護士回答
  • 死因贈与額契約について

    相続贈与死因贈与

    この度親が意識不明になりました、医師からはいつその日が来てもおかしくない言われてます。 親の建物について死因贈与契約を結んでおりました、仮登記をしています。 相続人は2名です 質...

    1弁護士回答
  • 当事者が複数の負担付死因贈与契約を結びたい

    相続贈与死因贈与

    「子供たちのうち、1番稼いでるやつに自分の不動産を相続させる」ということを父親に言われ、資格の勉強に励んでいるのですが、遺言などでパーにならないよう負担付死因贈与契約として法的に有...

    1弁護士回答
  • 負担付死因贈与と遺留分減殺請求

    相続贈与死因贈与

    負担付死因贈与が他の相続人の遺留分を侵害している場合、贈与を受けたものは彼らの請求に応じなければならないのでしょうか?

    1弁護士回答
  • 死因贈与と仮登記について

    相続贈与死因贈与

    債権者AがBに対して1億の貸付をしています。Bは5千万の無担保の不動産を所有しており、その不動産全てを法定相続人以外のCに死因贈与して、Cが不動産に対して始期付所有権移転仮登記を行った...

    1弁護士回答

法律相談を検索する