弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与 : 死因贈与とは?登記や税金、相続の事例

死因贈与での受贈者と相続人の立場

お世話になっている知人に所有(夫名義)不動産の死因贈与を考えています。
当家は夫婦2人です。始期はどちらも死亡した時ですが、公正証書により
契約書を作成し、受贈者=執行者としても法的な相続人(相続させたくない人あり)
の関与は必ずあるのでしょうか。関与させたくない場合はどのようにすると良いのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。
死因贈与に基づく執行者を受贈者にしておけば,相続人の関与なしに登記手続ができるはずです。夫婦2人で相続人が,双方の兄弟だけなら遺贈でも,兄弟には遺留分がないので相続人である兄弟は関与できません。いずれにしろ,亡くなられた後速やかに登記手続をしておけば問題は生じないはずです。 先日、アドバイスをいただきましたが、追加でお願いします。
死因贈与契約書を作成しようと検討しています。

贈与する対象は現在、夫単独所有(名義)の不動産(マンション)です。
妻が先に死亡した場合その後残った夫が死亡してから執行とし、夫が先に死亡した場合は不動産は妻が相続し所有(名義変更)することになります。そして、その後妻が死亡した時に契約が執行するようにしています。つまり夫婦が2人とも死亡した時に執行されるように始期付きとしようとしています。
先日のご回答の確認になってしまいますが、
死因贈与契約書に受贈者=執行者とした場合、上記の状況の場合、妻には2姉妹がいますが受贈者はこの姉妹に関与されることなく、登記=所有者となることができるのでしょうか。(この姉妹の子や配偶者は相続人ではないですね)
つまり妻の姉妹には遺留分がないので受贈者は連絡せずに続きをして贈与不動産を取得できるのでしょうか。
受贈者となる知人に煩わしいことをさせたくないと思いましたので。
よろしくお願いいたします。
質問者の意図する内容であれば,死因贈与ではなく,遺言書を作成するしかないと考えます。
つまり,夫が遺言書で,死亡したときは不動産その他の財産は、妻に相続させる。万一,妻が同時又は先に死亡したときは,不動産その他の財産は知人に遺贈する。とし,妻も遺言書を作成し,死亡したときは,財産は、夫にに相続させる。万一,夫が先に死亡したときは,夫から相続した不動産その他の財産は知人に遺贈する。という二つの遺言書を作成すれば,姉妹は遺留分を主張できません。

b4_f62cさん
2017年08月16日 10時07分

みんなの回答

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年08月16日 10時33分

b4_f62c さん (質問者)

2017年08月22日 14時59分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月23日 13時57分

この投稿は、2017年08月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 死因贈与に関する公正証書の撤回

    私は、以前、私が死んだ場合は元の嫁(今は私は離婚して新妻と暮らしています。)に私が持っている不動産を贈与する旨の公正証書を作成しました。 しかし、今になって気が変わって、その不動産を不動産屋に売りたくなりました。 そこで、ご質門なのですが、 ①公正証書にまでして元嫁に不動産を贈与する約束をしていることを今更...

  • 死因贈与における執行者と不動産登記

    死因贈与について、私が受贈者であり、かつ執行者に選任されています。 不動産登記の手続きをしようと思いますが、私が登記申請者でかつ登記義務者となってしまします。 しかし、不動産登記においては、両者は別人でなければならないと聞きました。 私以外の別人を執行者を選任する必要があるのでしょうか?

  • 死因贈与及び相続放棄について

    田舎の不動産を父親(死亡)から生前贈与され、当方が相続したのですが、当方の子や孫にまで管理の手を煩わせたくありません。そのため、東京の自宅や当方名義の預貯金、有価証券類は、妻および子に死因贈与し、田舎の土地は相続放棄させたいと考えております。ただ、問題は田舎の実家の宅地は、当方名義で登記されているのですが、実家...

  • 死因贈与契約書は公正証書でなくても大丈夫か?

    死因贈与で財産を相続する予定です(注・自分は法定相続人ではない)。いろいろ検索してみると死因贈与契約書は<自作でとくにどこに届けなくても有効><執行人は受贈者本人でOK>というように書かれていますが、実際そうなのでしょうか? 当方の場合は、とくに相続人からの異議等の心配はありません。したがって土地の仮登記も個人的...

  • 死因贈与契約書って危険?

    死因贈与契約書って遺言書と違い決まった書式は無く簡単に作成出来ると聞きましたが偽造されたりする心配はないのでしょうか? 贈与者のハンコは実印じゃなくても大丈夫だと聞きましたが、それだと簡単に偽造されると思うのですが。。さらに、執行人をつけておけば、 贈与者が亡くなったら相続人の許可なく、受贈者が財産をもらう事が...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。