弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与 : 死因贈与とは?登記や税金、相続の事例

死因贈与における執行者と不動産登記

死因贈与について、私が受贈者であり、かつ執行者に選任されています。
不動産登記の手続きをしようと思いますが、私が登記申請者でかつ登記義務者となってしまします。
しかし、不動産登記においては、両者は別人でなければならないと聞きました。
私以外の別人を執行者を選任する必要があるのでしょうか?
死因贈与契約書が公正証書で作成されたか否かで、
結果が大きく異なります。、

まず、公正証書で作成された場合、
今回のように受贈者と遺言執行者が同一人である場合、
受贈者が誰の協力も経ずに
所有権移転登記が可能となります。
非常にシンプルです。

他方、公正証書で作成されていない場合には、

死因贈与契約書に贈与者が押印した印鑑についての印鑑証明書、
または贈与者の相続人全員の印鑑証明書付き承諾書を添付しなければなりません。加えて、相続人全員であることの証明書(戸籍等)が必要になります。
これは、公正証書でない場合、まったく相続人を関与させる
こと無く登記をすることは危ないという判断から、
登記を慎重に進めようとしたものです。

貴殿の死因贈与契約書がいずれに該当するか、
ご確認ください。
死因贈与について、私が唯一の受贈者であり、かつ執行者に選任されました(裁判所の審判により認められました)。なお、死因贈与は口頭で行われたものであり、公正証書等の書面はありません。
 今後不動産登記の手続きをしようと思いますが、私が登記権利者(申請者)かつ登記義務者となってしまします。
 しかし、不動産登記手続きにおいては、両者は別人でなければならないと聞きました。
そこで質問です。
①登記手続きを行うためには、私以外の別人を執行者を選任する必要があるのでしょうか?
 なお、「受遺者が遺言執行者として指定されている場合、そのものは、登記権利者たる受遺者及び登記義務者である遺言執行者として登記を申請することができる。」(登記研究307号 )との先例があるので、別人でなくてもできると私は考えました。しかし、それでも依頼した司法書士に辞任するように求められました。
②また、死因贈与においての執行者は、遺言執行者と同様の行為ができるのでしょうか?
その先例は有名ですよね。
私も存じております。

登記の専門家である司法書士さんが辞任を求めてきた
ということは、私が例に挙げたうちの、「公正証書で作成
されていない場合」に該当すると判断されたのだと思います。

貴殿としては、その先例を今回も使いたいという
ご意向だと思います。

最終的には、法務局の判断が絶対です。
そして、法務局には相談制度があります。
管轄の法務局に電話して、資料を持参して
実際にご相談→指示を受けるのが確実だと思います。
法務局の判断の前では、私の私見は吹き飛んでしまいます。

ですので、直接法務局にお問い合わせされることを
お勧めします。
法務局のお墨付きを得れば、それを元に司法書士さんに
登記をご依頼されるといいと思います。

ニトロバンコさん
2017年05月30日 18時20分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう

2017年05月30日 19時09分

ニトロバンコ さん (質問者)

2017年05月31日 14時43分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう

2017年06月01日 07時38分

この投稿は、2017年05月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

財産分与に税金はかかるのか? - 贈与税がかかるケースや不動産にかかる税金

離婚時には、夫婦で築いた財産全てを対象に財産分与を行います。多額のお金が動く手続きとなるため、税金が発生するのかどうか、課税対象となるものは...

この相談に近い法律相談

  • 死因贈与契約からの登記について。

    親が先月亡くなりました 親が健全な頃親と私の間で公正証書による不動産の死因贈与契約を結びました、 去年親が交通事故により重体になり、死因贈与契約に基づき不動産の仮登記をしました。 先月親が他界し、本登記にしようと考えてます、親と子の間なら、死因贈与契約からくるものでも、相続に当たると聞きました、 贈与税でなく贈...

  • 死因贈与契約に基づく登記

    死因贈与契約に基づいて不動産移転登記をしたいのですが、契約で執行者は定められていません。 そのため、登記には相続人の協力が必要なのですが、相続員は人数が多く全国に散らばっています。 この場合、各人から郵便で個別に死因贈与契約を承諾するという実印を押した承諾書と印鑑証明書を送ってもらって、全員分が集まれば登記でき...

  • 死因贈与と仮登記について

    債権者AがBに対して1億の貸付をしています。Bは5千万の無担保の不動産を所有しており、その不動産全てを法定相続人以外のCに死因贈与して、Cが不動産に対して始期付所有権移転仮登記を行った場合、Bが死亡して最初にCが仮登記を本登記に変更した場合、下記の質問にご回答頂けますと幸いです。 1.法定相続人が全員相続放棄を行った場...

  • 死因贈与の仮登記について

    昭和39年所有権保存登記の完了した、宅地建物付き・建物を取り壊し、新築住宅・調整区域・・某ハウスメーカーは、死因贈与の仮登記が必須だと後には引かず。担保目的を答えない始末。相続による承継は一目で判断出来る。本人は、ワシが死んだらこの土地はお前にやると言う意思判断能力なし…公正証書作成の公証人役場行きを代理人まで擁...

  • 死因贈与契約の執行者の権限について、お教えください。

    公正証書で死因贈与契約を、考えています。 贈与者A(被相続人)・受贈者B(相続人)で、受贈者を執行者にする予定です。 この場合、Aの死後 ①Bは単独で、執行できるか? ②他の相続人と遺産分割協議が必要か? 又、もし公正証書でない場合は、 ③Bは単独で、執行できるか? ④他の相続人と遺産分割協議が必要か? お教...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。