弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与

> 両親の提案どおり、生前、今のうちから名義は長男名義に変更してしまっても、のちのち次男が自宅の権利を主張(遺留分)できるものでしょうか?
この場合も生前贈与が遺留分の侵害とされて遺留分を行使される可能性があります。

2017年04月05日 15時27分
高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
ベストアンサー
この投稿は、2017年04月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

自宅を確実に長男に相続させるには

質問  「 相続発生時に、一軒家の自宅を同居の長男に確実にのこせる方法 」 家族構成( 父、母、長男 + 次男は結婚で独立 ) 長男です。一軒家の名義は父と母で半々。 父母より、万一の際は同居...

2017年04月05日 13時58分 相談内容を詳しくみる