弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与

> 死因贈与で揉めております。父が亡くなり配偶者と長男、長女、次女が相続人です。
> ①「お前に駐車場をあげる遺言書を書いておいてあげる」亡父
> 「ありがとう」長女
> この場合の口頭での死因贈与は成り立つのでしょうか。
>  証人はいないのでだめと思われますが、形式的にはいかがなものでしょうか。
>  遺言書を書いておくことにありがとうと言ったともとれるのですが

・成り立たないと思います。死因贈与とは死亡時に贈与をするという双務契約ですから このケースでは遺言書を書き残してあげるという約束をしただけだと思われます。

> ②「あげる」「ありがとう」「遺言書を書いておく」との違いはあるのでしょうか。
> ③捏造された死因贈与契約と思っているのですが、本人の字ですが乱れていて誤字脱字だらけで遺言書に日付けもありませんので書面扱いかと思われます。
> 他の相続人には,きちんとした遺言書が存在しています。
> ④遺言書が無効な場合、口頭の部分も筋が通った主張となるものでしょうか。

・遺言書が無効 ということと口頭の部分が筋が通るということとは連動しないでしょう。あくまでも遺言書も 死因贈与契約もないということでしょう。
>

2016年08月02日 19時25分
森田 英樹
森田 英樹 弁護士
遺産相続
  • 料金表をみる
  • 解決事例をみる
ありがとう
ベストアンサー
この投稿は、2016年08月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

問題解決に向けた次のステップはこちら

すぐに弁護士が必要な方はこちら

相談内容

遺言書を書いておくという口約束は死因贈与になるのでしょうか。

死因贈与で揉めております。父が亡くなり配偶者と長男、長女、次女が相続人です。 ①「お前に駐車場をあげる遺言書を書いておいてあげる」亡父 「ありがとう」長女 この場合の口頭での死因贈与は成り立つのでし...

2016年08月02日 19時17分 相談内容を詳しくみる