弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与 : 死因贈与とは?登記や税金、相続の事例

死因贈与及び相続放棄について

田舎の不動産を父親(死亡)から生前贈与され、当方が相続したのですが、当方の子や孫にまで管理の手を煩わせたくありません。そのため、東京の自宅や当方名義の預貯金、有価証券類は、妻および子に死因贈与し、田舎の土地は相続放棄させたいと考えております。ただ、問題は田舎の実家の宅地は、当方名義で登記されているのですが、実家の家屋は贈与されておらず、いまだ父親名義のままとなっております。そのため、現在、被相続権者の一人である弟が実家に住み、占有状態にあります。このような状況下で、死因贈与・相続放棄という一連の行為をなすことは、法的に問題があるでしょうか。また、弟及びその家族から、たとえば「権利の乱用」といったクレームや、対抗措置を取られる恐れはありませんか。ご教示ください。 田舎の土地だけを相続放棄することはできません。あなたの子供が相続放棄する場合には、あなたの遺産の全部について相続放棄しなければなりません。田舎の土地がいらないのであれば、弟に安く売る、あるいは贈与することが考えられます。 ご教示、ありがとうございます。
では、子供ではなく、妻にのみ死因贈与に基づく特定贈与を行えば、妻は田舎の不動産を相続放棄できるのでしょうか。
子供ではなく、妻にのみ死因贈与に基づく特定贈与を行えば、妻は田舎の不動産を相続放棄できるのでしょうか。

ご質問の趣旨がよく分からないのですが、妻に田舎の土地を死因贈与すれば、その土地は妻のものです。妻が相続放棄をしても、贈与された土地が妻のものであることには変わりがありません。相続放棄というのは、被相続人の遺産のすべてを放棄することで、一部の遺産だけを放棄するということはできません。
ご返答、ありがとうございます。
かなり的外れな質問をしたようです。質問の趣旨は、下記の通りです。
1.東京の自宅A、有価証券類等Bを妻や子に相続させたい。
2.ただし、田舎の土地や実家家屋の相続持ち分は、当方の死後、妻や子に相続ざせたくない。
3.こうした場合、東京の自宅A、有価証券類Bのみ、死因贈与に基づく特定贈与を妻や子に行い、田舎の土地C及び実家家屋Dの相続持ち分は、その死因贈与対象に含めない。
4.このようにすることで、結果として、妻や子は田舎の土地C及び実家家屋Dの相続持ち分を当方の死後、相続を被ることから免れ得ることになるか、
という質問です。





このようにすることで、結果として、妻や子は田舎の土地C及び実家家屋Dの相続持ち分を当方の死後、相続を被ることから免れ得ることになるか、
という質問です。

あなたの死亡後、あなたの妻や子供は、C、Dも相続することになります。相続を放棄すると、A、Bも放棄することになります。

北ノ虎口さん
2016年04月10日 10時03分

みんなの回答

松丸 伸一郎
松丸 伸一郎 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2016年04月10日 10時21分

北ノ虎口 さん (質問者)

2016年04月10日 15時18分

松丸 伸一郎
松丸 伸一郎 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2016年04月10日 16時10分

北ノ虎口 さん (質問者)

2016年04月10日 17時39分

松丸 伸一郎
松丸 伸一郎 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2016年04月10日 18時54分

この投稿は、2016年04月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 死因贈与について

    死因贈与は口頭でも契約が成立するとありますが、それはどのような時なのでしょうか。どのようにすれば話が進められる、進め方も知りたいと思います。よろしくお願いします。

  • 死因贈与の相続について

    弟が父の会社を10数年前から継承していますが、遺産分割協議の席上、継承した時点で死因贈与を 受けているので、相続対象外だと初めて明らかにしました。 この死因贈与の場合、それが相続遺産の対象とならないのでしょうか。 また、当方は贈与を受けたことを全く知らなかったことから、これが果たして本当か不明です。 どのよう...

  • 死因贈与について。死因贈与は口約束だけで認められるのでしょうか。

    相続の調停中でもし不利になってきた申立人側が被相続人が亡くなる前に相続人(3名/4名)にAの土地は長男に、Bの土地は次男にと言って亡くなった。そして母親もそのことを聞いていると主張された場合には、死因贈与が成立してしまうのでしょうか。この三人は仲間です。 死因贈与は口約束だけで認められるのでしょうか。

  • 死因贈与契約について

    死因贈与契約について ① 法定相続人の一人でも、死因贈与で財産の一部をもらうことができますか? ② もし可能な場合、その死因贈与で受け取ったものは、相続財産とは別に、相手から受け取ることができるのでしょうか? 母の面倒を見るため実家の近くにマンションを購入(買ってもらうに等しいです)予定ですが、弟がいるので、...

  • 死因贈与の証人について

    被相続人には、A・B・C・Dという4人の子供がおり、Eという孫(Dの子)がいました。 総財産は5,000万円あり、生前「私が死んだら、Aに1,500万円相続させる。B・C・Dに500万円づつ相続させる。Eに2,000万円贈与する」とAとEに伝えていました。 しかし遺言には「Eに2,000万円贈与する」しか書いてありませんでした。 「Aに1,500万円...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。