弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

死因贈与 : 死因贈与とは?登記や税金、相続の事例

離婚した夫が亡くなった場合、5歳の息子に一軒家の死因贈与契約

近く離婚する予定です。
まだ住宅ローンが沢山残っている一軒家
(夫名義、夫ローン、団信加入)を、
5歳の息子に死因贈与契約する場合の、
メリット、デメリットを教えてくださいますか?

「仮登記できる」ともあるのですが、
どういうことでしょうか。

また、その場合、
いつの時点で贈与税がかかるのでしょうか。

宜しくお願い致します。
>メリット、デメリットを教えてくださいますか?

メリットは、仮登記で夫が勝手に処理しにくくなることくらいでしょうか。

デメリットは、仮登記と本登記を併せて、登録免許税が相続登記の5倍となってしまうことです。

贈与税は、実際に贈与されたときに発生すると考えられます。
5歳の息子に死因贈与契約する場合の、
メリット、デメリットを教えてくださいますか?
1.メリットですが,遺言でお子さんに相続させる場合と同様,団信によりローンが完済されるkとです。
2.わざわざ死因贈与契約をするより,相続させる遺言のほうが簡明ですし,税金面でもメリットがあるはずです。
3.ただし,遺言の場合仮登記はなしです。
3.死因贈与契約をして仮登記をし,その後,相続させる遺言をすれば,被相続人死亡の場合,遺言による相続登記が可能と思います。

スイトピーさん
2016年01月27日 02時00分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう

2016年01月27日 07時13分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2016年01月27日 09時14分

この投稿は、2016年01月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,940名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 死因贈与の仮登記について

    昭和39年所有権保存登記の完了した、宅地建物付き・建物を取り壊し、新築住宅・調整区域・・某ハウスメーカーは、死因贈与の仮登記が必須だと後には引かず。担保目的を答えない始末。相続による承継は一目で判断出来る。本人は、ワシが死んだらこの土地はお前にやると言う意思判断能力なし…公正証書作成の公証人役場行きを代理人まで擁...

  • 死因贈与と仮登記について

    債権者AがBに対して1億の貸付をしています。Bは5千万の無担保の不動産を所有しており、その不動産全てを法定相続人以外のCに死因贈与して、Cが不動産に対して始期付所有権移転仮登記を行った場合、Bが死亡して最初にCが仮登記を本登記に変更した場合、下記の質問にご回答頂けますと幸いです。 1.法定相続人が全員相続放棄を行った場...

  • 死因贈与契約からの登記について。

    親が先月亡くなりました 親が健全な頃親と私の間で公正証書による不動産の死因贈与契約を結びました、 去年親が交通事故により重体になり、死因贈与契約に基づき不動産の仮登記をしました。 先月親が他界し、本登記にしようと考えてます、親と子の間なら、死因贈与契約からくるものでも、相続に当たると聞きました、 贈与税でなく贈...

  • 死因贈与契約に基づく登記

    死因贈与契約に基づいて不動産移転登記をしたいのですが、契約で執行者は定められていません。 そのため、登記には相続人の協力が必要なのですが、相続員は人数が多く全国に散らばっています。 この場合、各人から郵便で個別に死因贈与契約を承諾するという実印を押した承諾書と印鑑証明書を送ってもらって、全員分が集まれば登記でき...

  • 死因贈与について

    死因贈与は口頭でも契約が成立するとありますが、それはどのような時なのでしょうか。どのようにすれば話が進められる、進め方も知りたいと思います。よろしくお願いします。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  2. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  3. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  4. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  5. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  6. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  7. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。