弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

生前贈与

2016年07月19日

生前贈与における贈与契約書の作成方法

贈与は口約束でも成立してしまうため、トラブルを防ぐためにも贈与したという証拠を残しておいたほうがよいです。贈与の際は、財産の引き渡しや名義変更だけではなく、贈与契約書を作成しましょう。特に親族間の贈与では契約書を作らない場合もありますが、トラブルとなりやすいのは相続開始後ですので注意してください。

目次

  1. 生前贈与契約書とは
  2. 契約書作成のポイント
  3. 生前贈与契約書の書き方

生前贈与契約書とは

民法上でいう「贈与」とは、贈与する人の「あげる」意思と贈与を受ける人の「もらう」意思があってはじめて成立するものです。ただし贈与は口約束でも成立してしまうため、トラブルを防ぐためにも贈与したという証拠を残しておいたほうがよいです。 贈与の際は、財産の引き渡しや名義変更だけではなく、贈与契約書を作成しましょう。特に親族間の贈与では契約書を作らない場合もありますが、トラブルとなりやすいのは相続開始後ですので注意してください。

契約書作成のポイント

契約書自体は手書きで作成しなくても構いません。署名については手書きし、捺印しましょう。印鑑は実印が望ましいです。また、不動産を贈与する場合のみ、200円分の収入印紙が必要です。 過去に遡って作成したと思われないよう、より契約書の証拠能力を高めたい場合は公証役場で確定日付をもらうとよいでしょう。1件につき700円の手数料がかかります。お近くの公証役場は「全国公証役場所在地一覧」から探すことができます。

契約書に書く内容

贈与の内容について、以下の内容を記載しましょう。

  • いつ
  • 誰に
  • 何を
  • 贈与する条件
  • 贈与する方法

生前贈与契約書の書き方

現金を贈与する場合

契約書の基本型となります。参考にしてください。

贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎はこれを承諾した。

(1)現金 100万円

・第2条 見本太郎は、当該財産を平成◯年◯月◯日までに見本一郎に引き渡すものとする。


上記契約を証明するため本書を2通作成し、贈与者と受贈者が各1通保有する。


平成◯年◯月◯日

(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

預金を贈与する場合

口座番号まで詳細に記入しましょう。

贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎はこれを承諾した。

(1)普通預金
     ◯◯銀行◯◯支店 普通口座 ◯◯◯◯◯◯◯◯
    口座名義人 見本太郎

・第2条 見本太郎は、当該財産を平成◯年◯月◯日までに見本一郎に引き渡すものとする。


上記契約を証明するため本書を2通作成し、贈与者と受贈者が各1通保有する。


平成◯年◯月◯日

(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

不動産を贈与する場合

登記事項証明書の内容を記載しましょう。また、収入印紙も必要です。

贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎はこれを承諾した。

(1)土地
     所在 ◯県◯市◯区◯丁目
     地番 ◯番◯
     地目 宅地
     地積 ◯◯㎡

・第2条 見本太郎は、当該財産を平成◯年◯月◯日までに見本一郎に引き渡し、移転登記を行うものとする。

上記契約を証明するため本書を2通作成し、贈与者と受贈者が各1通保有する。


平成◯年◯月◯日


(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

200円の収入印紙が必要です。

未成年者に贈与する場合

法定代理人を記載しましょう。

贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎の法定代理人(父:見本次郎、母:見本春子)はこれを承諾した

(1)現金 100万円

・第2条 見本太郎は、当該財産を平成◯年◯月◯日までに見本一郎に引き渡すものとする。


上記契約を証明するため本書を2通作成し、贈与者と受贈者が各1通保有する。


平成◯年◯月◯日


(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

(受贈者の法定代理人:父)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本次郎 印

(受贈者の法定代理人:母)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本春子 印

負担付贈与契約書の場合

負担の内容についても記載しましょう。負担付贈与について詳しくは、「負担付贈与とは:負担の実例と利用するメリット」をご覧ください。

負担付贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎はこれを承諾した。

(1)普通預金
      ◯◯銀行◯◯支店 普通口座 ◯◯◯◯◯◯◯◯
      口座名義人 見本太郎

・第2条 見本一郎は、当該財産を受け取る代わりに、負担として見本太郎の実母である見本春子に対し、その扶養料として平成◯年◯月から見本春子の生存中に、毎月◯日に金◯◯円ずつを、見本春子の住所に持参して支払わなければならない。

・第3条 見本一郎が前条の負担義務を履行しないときは、見本太郎は本契約を解除できる。


上記契約を証明するため本書を2通作成し、贈与者と受贈者が各1通保有する。


平成◯年◯月◯日


(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

死因贈与契約書の場合

執行者を指定しない場合、所有権移転の手続きをする際に贈与者の相続人全員の印鑑が必要となりますので注意しましょう。死因贈与について詳しくは、「死因贈与とは:遺贈との違いやメリット」をご覧ください。

死因贈与契約書贈与者・見本太郎と受贈者・見本一郎の間で下記のとおり死因贈与契約を締結した。


・第1条 見本太郎は、所有する下記の財産を見本一郎に贈与することを約束し、見本一郎はこれを承諾した。

(1)普通預金
      ◯◯銀行◯◯支店 普通口座 ◯◯◯◯◯◯◯◯
      口座名義人 見本太郎

・第2条 本件贈与は贈与者の死亡を停止条件として効力を生じ、かつ贈与した財産の所有権は当然受贈者に移転する。

・第3条 贈与者は下記の者を死因贈与の執行者に指定する。
     住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
     氏名 弁護士太郎 印


当事者は、この死因贈与契約の締結を証明するため、ここに署名・捺印する。


平成◯年◯月◯日


(贈与者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本太郎 印

(受贈者)住所 ◯県◯市◯区◯丁目◯番◯号
氏名 見本一郎 印

相続開始後に贈与契約書が必要となる場面があります。生前に贈与する人とされる人の間で契約書を作成しておき、死後にトラブルが起きないように備えましょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

生前贈与に関する法律相談

  • 生前贈与の効力について

    相続贈与生前贈与

    夫の親と私たち長男夫婦との対立の親族問題における、生前贈与について質問があります。 ①私達が新居の購入時に、夫の親に親が援助の為、生前贈与として現金を受けとりました。 ②その生前贈...

    3弁護士回答
  • 生前贈与の非課税の範囲について

    相続贈与生前贈与

    私の母(93歳)が数年前に姉夫婦(2人とも60歳以上)に姉に200万円、姉の夫には、姉の口座に振り込んだ一年後に、姉の口座に100万円を贈与していました。 贈与の理由は、面倒をみ...

    2弁護士回答
  • おしどり贈与希望だが贈与者の意志疎通が微妙な場合

    相続贈与生前贈与

    親戚の夫婦の件でご相談させていただきます。 夫婦には子供が一人おりましたが、既に他界しています。夫の方に前妻との間に子供が一人います。夫の資産としては現金はわずかで居住中の現自宅...

    1弁護士回答
  • 養子縁組から離縁した場合について

    相続贈与生前贈与

    叔父の養子縁組となり不動産を生前贈与(非課税)でもらった場合、後に養子縁組の離縁をしてしまったら生前贈与された不動産に対して贈与と見直されてしまうのでしょうか?贈与税を支払うこと...

    3弁護士回答
  • 父親の貯金、長男が使い込みしている?

    相続贈与生前贈与

    父(74歳)が脳梗塞で倒れて入院をしました。 入院費、介護費が必要だったので、父の財産を探したところ1000万ほどの貯金と父名義の車がありました。 生前贈与という形で、長男、次男、長男...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

生前贈与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...