弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

生前贈与

生前贈与の活用方法:控除額と利用するメリット

生前贈与は贈与する人と贈与を受ける人の双方が、贈与について意思表示をしていることが条件となります。また、贈与を受ける人のもとへ実際に財産が移動し、管理までしていなければ贈与とはみなされませんので注意しましょう。また、贈与には様々な控除があり、相続税対策にもなりますのでここで確認しましょう。

目次

  1. 生前贈与とは
  2. 生前贈与は相続税対策になる
  3. 生前贈与は遺産分割に影響する

生前贈与とは

生前贈与とは生きているうちに財産を人に分け与えることです。贈与する人と贈与を受ける人の双方が、贈与について意思表示をしていることが条件となります。 また、贈与を受ける人のもとへ実際に財産が移動し、管理までしていなければ贈与とはみなされません。たとえば預金の贈与であれば、単なる名義変更だけではなく、実際に運用、管理している必要があります。

生前贈与は相続税対策になる

贈与には様々な控除があります。生前贈与を活用すると、相続税の負担が減りますので参考にしてください。

基礎控除

贈与税は暦年課税で、毎年1月1日から12月31日までの1年間の基礎控除額が110万円です。つまり、1年間で110万円まで贈与税はかかりません。基礎控除を活用して、たとえば20年間かけて毎年100万円を贈与した場合、税金が課せられずに2,000万円を贈与できます。

相続税の贈与税額控除

相続開始前3年以内の贈与については、相続財産に加えて相続税を計算する代わりに、贈与の際に収めた贈与税額が控除されます。これは、贈与税と相続税の二重課税を避ける仕組みです。

居住用不動産の配偶者控除

婚姻期間20年以上の配偶者からの、居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与について利用できる控除です。この場合、2,000万まで相続税はかかりません。基礎控除も併用できるので、合わせると2,110万円の控除を受けられます。 詳しくは「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除|贈与税|国税庁」を参考にしてください。

相続時精算課税

65歳以上の両親から、20歳以上の子(子がなくなっている場合は20歳以上の孫)への贈与について、選択できる課税制度です。相続時精算課税を選択したそれぞれの子(または孫)について、1月1日から12月31日までの1年間で2,500万円までは贈与税がかかりません。 1年間ではなく複数年で2,500万円までの控除額を利用できますが、合計で2,500万円を超えた額については一律20%の贈与税がかかります。 相続時精算課税を選択すると従来の暦年課税には戻せず、相続開始時に贈与した財産が相続財産に含まれて相続税が課税されます。相続開始時に2,500万円の控除額を超えていて、すでに贈与税を支払っていた場合は、その贈与税が相続税から控除されます。 詳しくは「相続時精算課税の選択|贈与税|国税庁」を参考にしてください。

教育資金の一括贈与の非課税措置

直系尊属から贈与を受ける相手の教育資金を贈与したい場合に利用できる非課税制度です。たとえば祖父母から30歳未満の孫、ひ孫などに対して教育資金を贈与する場合、それぞれの孫、ひ孫について1,500万円までは贈与税がかかりません。 詳しくは「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税|贈与税|国税庁」を参考にしてください。

生前贈与は遺産分割に影響する

生前贈与を受けていた場合、相続人間の不公平を是正するために、贈与分を持ち戻して相続財産に含めることがあります。その場合は特別受益に該当するとして、相続財産に贈与分が持ち戻されて法定相続分が決まったり、相続税が課税されます。

特定の相続人に財産を多く残したい場合は、遺言書を残す

被相続人は「持ち戻しを免除する」などの遺言を残さない限り、特定の相続人に対して確実に財産を多く残すことはできません。ただし、その場合でも遺留分は侵害できませんので注意してください。

また、相続税対策として生前贈与を利用する場合は、相続税や贈与税の税制改正に注意してください。より適当な方法を選ぶために、税理士や弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続を扱う弁護士を探す

生前贈与に関する法律相談

  • 生前贈与等について、

    相続贈与生前贈与

    生前贈与について質問、回答をお願いします! 自宅、土地、田んぼ等は父の名義になってます。私は直系の長男で家督の立場にあります。私の会社の資金繰りの為に、実家の土地の一部を担保に入...

    1弁護士回答
  • 借地上(賃借権)の建物の贈与

    相続贈与生前贈与

     建物につき、建物所有者が子への生前贈与を検討しております。この建物は、借地上にありまして、現在の建物所有者が土地の所有者と賃貸借契約を結んでおります。  この場合、上記借地上の...

    1弁護士回答
  • 生前贈与されてしまった遺産の分配について

    相続贈与生前贈与

    親に結婚に反対されましたが押し切って結婚しました。そのため現在親とは絶縁状態です。自分には妹が1人いて、そちらもすでに結婚していますが親との仲は良好な模様です。 最近親が、妹家族...

    2弁護士回答
  • 語学留学の費用を無課税で贈与していただいた教育に関する費用から出すことはできるのか

    相続贈与生前贈与

    私は祖父から教育費を非課税枠で生前贈与してもらったのですが、夏にアメリカへ2、3週間語学留学に行きたいと思っています。 アメリカでは語学学校に通い、寮またはホームステイで滞在しよ...

    1弁護士回答
  • 自分名義の財産通帳の探し方

    相続贈与生前贈与

    はじめまして宜しくお願いします。 10年前に父のお金一部と私の毎月7万預けていたお金を私名義の財産通帳を作ったから、そこに預けておいてあると言われました 今年父が他界 他界するまで...

    2弁護士回答

法律相談を検索する

生前贈与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  2. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  3. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  4. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  5. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  6. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...
  7. プリンスさん遺産に親族?700人が名乗り…もし...