退職金を子供の貯金に入れる場合

公開日: 相談日:2014年02月03日
  • 3弁護士
  • 3回答

退職金の一部を銀行からおろして、子供名義の貯金に入れると贈与税がかかると思います。基本は110万までで、扶養親族一人当たり38万プラスした金額を超えると贈与税がかかると思っています。それで間違いないでしょうか?
あと、1月に110万を子供の貯金に入れて、一年後またはそれ以上の年月を置いて、再度110万を子供の貯金に入れたら贈与税はかからないのではと思っていますがどうなんでしょうか?
所得税の扶養控除のように、「1月から12月の所得が38万円以下」のような基準があるのでしょうか?

230925さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    贈与税の課税は、その年ごとですから、一年後またはそれ以上の年月を置けば、新たに非課税枠を用いることができます。

    ただし、毎年110万円ずつを10年間贈与するといったような場合、1100万円の贈与とみなされますので、注意が必要です。

  • 弁護士 A

    注力分野
    遺産相続
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    子供名義の貯金に入れると贈与税がかかると思います。

    貯金に入れたからといって直ちに贈与とはいえない場合もあるでしょう。

    基本は110万までで、扶養親族一人当たり38万プラスした金額を超えると贈与税がかかると思っています。それで間違いないでしょうか?

    その38万円というのがよくわかりません。扶養控除のことでしょうか。
    基本110万円まで贈与税がかからないというのはあってます。
    それは1年間を基準にするというのもあってます。

  • 相談者 230925さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。参考になりました。

    贈与税の場合、扶養親族が一人いると『110万+38万=148万』になるので贈与税にかかるお金は148万以上かと勘違いしてました。
    あと、子供の貯金に退職金の一部300万を子供名義の貯金(定期)に入れてしまった場合、速やかに解約して110万に減額すれば問題ありませんか?
    とにかく税金がかかるのを防ぎたいのですが…

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    「子供名義の預金」ってどういう意味でしょう?
    もしそれが名義預金「親が管理している実質的には親の預金だが名義だけ子供」という意味であれば、回答者が上で答えている回答は間違いということになります。親が管理している子供名義の名義預金に退職金を入れても贈与とはみなされません。

    相続税法基本通達9-9で「不動産、株式等の名義の変更があった場合において対価の授受が行われていないとき又は他の者の名義で新たに不動産、株式等を取得した場合においてはこれらの行為は原則として贈与として取り扱うものとする。」と規定されていますが、そこには「預貯金」は含まれていません。これは預貯金の名義変更や他人名義の預金開設が原則として贈与となるとの考え方を国税庁がとっていないことを反映したものです。

    もしこんなものまで贈与とすると税務署はいちいち調査できませんから5年で贈与税は時効消滅してしまうことになります。これは税務署にとっても不都合なことなんです。

この投稿は、2014年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから