自己破産後の贈与又は寄付について

お疲れ様です。

自己破産をした後に贈与又は寄付を受けることができますか?

お忙しいところ恐縮ですがご教授の程、よろしくお願い致します。

2019年08月17日 01時04分

みんなの回答

石井 琢磨
石井 琢磨 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県1 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
自己破産を裁判所に申し立てて、その後の裁判所で破産手続き開始決定が出た後であれば、その後に取得した財産は自由な財産です。
贈与や寄付を受けることはできます。

この決定前でも、贈与や寄付を受けることはできますが、破産手続き開始決定時に持っている財産は処分対象になるのが原則なので、金額が大きい場合には、維持ができなくなるでしょう。

2019年08月17日 02時11分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 自己破産をした後に贈与又は寄付を受けることができますか?

相談者が贈与を受けることは可能だと思います。
破産手続開始決定後であれば、相談者のものになると思います。
なお、額が大きと贈与税の問題はありますので、ご留意ください。

2019年08月17日 02時56分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 自己破産をした後に贈与又は寄付を受けることができますか?

破産免責後ならばかまいません。
その前でも、破産費用の支援などを受けることはしばしばあります。
99万円までならば、自由財産として手元に置いておけるよう申し出れます。

2019年08月17日 09時12分

相談者
お疲れ様です。ご回答ありがとうございます。

自己破産手続きの開始決定が出た後であれば可能なんですね。

あと贈与の際に契約書は必要なのですか?
具体的にはどのような手続きになるのですか?

お手数をおかけしますがご教授の程、よろしくお願い申し上げます。

2019年08月17日 11時05分

石井 琢磨
石井 琢磨 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
契約書は必ずしも必要ありません。
ただ、口頭での贈与は、実際に財産の移転がされるまでは、いつでも撤回できてしまいます。

また、相続絡みなどで贈与の証拠を残しておきたいときは契約書を作っておく方が良いこともありますね。

書類を作らないのであれば、ただ受け取るだけで成立します。手続き等はいらないです。
多額の贈与の場合には、その後、贈与税の申告等が必要になりますね。

2019年08月17日 11時18分

相談者
ご回答ありがとうございます。

贈与には特に手続きはなく契約書も必要はないが口頭の場合は途中で撤回させる可能性があることを理解致しました。できれば契約書を作成したほうが確実なのですね。

ご教授の程、ありがとうございました。

2019年08月17日 15時14分

この投稿は、2019年08月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

「自己破産」は戸籍に載る?年金がもらえない?よくある勘違い5パターン

「自己破産をしたら戸籍に載る?」「選挙権がなくなる?」ーー。借金がほぼ帳消しになる、という大きなメリットがある分、影響力も大きく感じる「自己...

相続対策のために生前贈与をする時の手続きの進め方と注意点

人が亡くなると、その財産は相続という形で相続人が受け継ぐことになりますが、生きているうちに贈与という形で財産を引き継いでもらうこともできます...

生前贈与が「特別受益」となるのはどんな場合なのか【弁護士Q&A】

兄妹のうち一人だけ生前に多額のお金を親から贈与されていたりした場合、親が亡くなって相続財産を分けるとき「不公平だ」と感じる相続人もいるでしょ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 住宅購入時の贈与について

    住宅を購入した際に親から非課税の範囲で資金の援助を受けました。 翌年の期日までに非課税の申告をしなければならないのですが 同時期に子供に障害があることがわかり、病院や施設への付き添いで多忙となり 期日を過ぎてしまい、通常の贈与の申告になると言われ、多額の納税が発生することになってしまいました。 これはどうにもな...

  • 愛人にマンションを買ってもらう

    私には、現在約ひとまわり年の離れた愛人がいます。 彼からマンションを買ってもらうことになっているのですが、贈与税のかからないようにしたいと思っています。 ネットで調べたら、現金一括払いなら私名義で購入できる、税務署の調査も入らない、と聞きました。しかし税務署のお伺いがあるかもしれない、、、という情報もあって、...

  • 相続税対策 息子に年100万円贈与した時

    相続対策で、息子に年100百万円を贈与していこうと思います。 ・息子と贈与契約書を取り交わす ・契約書期日までに100万円を銀行振り込みで、息子の口座に振り込む という方法です。 100万円は非課税ですが、そのまま使用せず預金を続けると、相続税の対象になると聞いたことがあります。 そこで、非課税ではありますが100万円贈与...

  • 元カレにお金を返せと言われています。

    別れてから1年以上経つ元カレについての相談です。 私が引越しをするために新しく家具や家電を購入する必要があったのですが、彼が引越し祝いにと中古の家電を買ってくれました。 そして家賃の支払いが厳しい月には家賃分として現金を手渡しでくれました。 また、生活費でどうしてもお金が足らず、自ら2万を貸してほしいと言った...

  • 遺産相続

    生活を共にしていた父親から、口頭により家屋を贈与されていましたが、家屋が火災に遭ってしましました。火災保険金は父の名義で受け取りましたが、これは家屋の相続分としてあつかえるのでしょうか?火災後に、父親が亡くなり姉妹と遺産相続の件でもめています。生活の面倒を見ていた私への感謝の気持ちが家屋だったので、せめて保険金...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

贈与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。