親の介護費用金 預かりについて

母親が高齢であり軽い認知症の疑いも出てきたことから
母親から今後の介護費用等のためのお金(数百万円)を預かり自分の口座に入金しました。
自分のために使うつもりは一切なく、全て将来の母親の介護費用に充てるつもりです。

ただし、今更ですが、上記自分の口座に入れてしまったので贈与と見なされないか心配です。
母親から預かったとの預かり金証明は簡単に作りはしたのですが。
父親は亡くなっており、子供は自分含め2名です。

・贈与と判断されないためには、これからどのような対応をすればよいのでしょう?

・仮にこのまま預かり状態で問題なかったとしたら
 母親の介護費用を自分口座から出金時に、使用した領収書等があれば
 問題ないものでしょうか?

よろしくお願いします。

 
2019年08月16日 08時14分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
・贈与と判断されないためには、これからどのような対応をすればよいのでしょう?

弁護士に依頼して預かり金の契約書を作成することです。公正証書にすることが望ましいです。

・仮にこのまま預かり状態で問題なかったとしたら
 母親の介護費用を自分口座から出金時に、使用した領収書等があれば
 問題ないものでしょうか?

領収書は必須です。

2019年08月16日 08時32分

肥田 弘昭
肥田 弘昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
ご相談者様には大変な状況ですね。贈与の判断の有無は、①贈与契約書の有無、②当事者間の贈与意思の有無、③贈与の実行の有無、④受贈者の財産管理の有無、⑤贈与財産の使用の有無、⑥贈与税の申告の有無等を総合的に判断して、税務署は贈与か否かの判断をする傾向に私見ではあります。上記の点からすると、③と④で、贈与と疑われる要素がご相談者様にあります。そこで、財産管理契約、使用した場合の帳簿などを作成しておくこと、また、別途、預かり金であることが明確に分かる通帳を作成し、自己の財産と分離しておくことをお勧めします。但し、「軽い認知症」との事ですが、成年後見制度などを利用し、財産管理権の付与を受けた上で、上記のことをすることを強くお勧めします。そうすることで、上記の問題は生じません。ご参考にしてください。

2019年08月16日 08時38分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 母親が高齢であり軽い認知症の疑いも出てきたことから
> 母親から今後の介護費用等のためのお金(数百万円)を預かり自分の口座に入金しました。
1.軽度の認知症ですね。
2.直ちに,今のうちに,「母親が相談者に預託(介護費用等のために金・・・円を相談者に預託)」の契約書を作成します。
3.そのうえで,預託金専用の口座を作成して移動します。
4.介護のために支出するたびに,入出金明細とその裏付け資料(請求書・領収書など)を保管します。

2019年08月16日 09時19分

この投稿は、2019年08月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,704名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 認知症の親の生前贈与

    認知症の父の名義の家と土地を兄弟の一人が、兄弟に内緒で自分の名前名義にして、売買をしてしまい、譲渡されたものなので法律的に問題ないと言い張っています。 遺産相続の時に、その分の持ち分から差し引くことができますか。 贈与自体の無効申請ができるか。 認知症の医師の診断書の日付は、効力になりますか。

  • 認知症の生前贈与について

    認知症の母と同居しています。母の銀行口座から年金や貯金を引き出して生活費や薬代に当てています。私はいま現在無職なんですが、自分の老後も考えて母からお金を受けとる事は不可能でしょうか?贈与税がかからない110万円以内でも遺産相続の際に問題になりますか?

  • 認知症の両親から贈与されたのに、しらを切る弟

    認知症の両親が、弟に数千万円贈与しました。しかし、両親は贈与したことをすっかり忘れています。(その内の800万円は覚えていますが…) 義父には多額の借入金があり(本人は忘れてしまっています)、同居の長男としては、弟に贈与したお金は返済に充てるつもりのものでした。 その旨を弟に説明したところ、800万円の受領は認めまし...

  • 認知症の人との契約を無効にするには

    母他界。父(認知症)、男兄弟4人。(三男が父と同居、印鑑など管理)。 知らぬ間に、三男が認知症の父と贈与契約結んだ。(契約書有り) これを無効にする方法は?

  • 介護費用は贈与とみなされるのか?

    よろしくお願いいたします。 妻の親が認知症になり施設に入所することになりそうな状態です。 親の面倒は妻の弟夫婦が見てくれています。 妻は体が弱いため弟夫婦に頼り、親の介護に一切かかわっておりません。 この度私の親の相続が終わり金銭的に余裕ができたもので 妻を通し介護費用として纏まったお金を弟に渡したいと思ってい...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

贈与の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。