父の家を相続。3000万円控除について。

父の持ち家を相続する事になりました。
とある事情があり、一時的に自分がこの父の住んでいた家に引越しする事となりました。
数ヶ月でアパートにまた引っ越す予定です。

このような状態なのですが、相続税の事で質問です。
3000万円控除の諸々の条件は満たしているのですが、一時的に自分か父の家に住んでしまっても控除対象になりますでしょうか?
ちなみに売却は自分がアパートに引越した後に進めていきます。

どうか御教授の程、よろしくお願いします。
2019年05月11日 16時56分

みんなの回答

菅野 光明
菅野 光明 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
3000万円控除を定めた租税特別措置法に関して、以下のような法令解釈通達があります。

措置法第35条第3項第1号イ並びに第2号イ及びロに規定する「事業の用、貸付けの用又は居住の用に供されていたことがないこと」の要件の判定に当たっては、相続の時から譲渡の時までの間に、被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等が事業の用、貸付けの用又は居住の用として一時的に利用されていた場合であっても、事業の用、貸付けの用又は居住の用に供されていたこととなることに留意する。また、当該貸付けの用には、無償による貸付けも含まれることに留意する。

したがって、一時的にでも居住の用として利用すると、控除が受けられなくなります。

2019年05月11日 18時13分

この投稿は、2019年05月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,702名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

相続税が課税されるかを判断する基準…「基礎控除」の計算方法

遺産を受け継ぐことになると、相続税の負担が心配になる人もいるでしょう。相続税には非課税枠があり、相続税がかからない場合があります。この記事で...

あなたの財産を家族が相続するときに支払うことになる相続税の計算方法

あなたの財産を家族が相続するときに、相続税を支払うことが予想されるなら、どのくらいの金額を支払うことになるのかを計算してみましょう。あらかじ...

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

相続税対策を考えている人におすすめの相続対策

もし自分が亡くなった場合に相続税がかかると知ったら、節税に興味をもつ人もいるでしょう。節税対策としては、生命保険、生前贈与、養子縁組などの方...

相続税評価額を最大80%減額する「小規模宅地特例」を利用できる場合とは

土地を相続するとき、「高額な相続税を支払うことになるのではないか」と不安に感じる方もいるでしょう。「小規模宅地特例」という制度を利用すること...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 世帯が別でも同居さえしていれば相続税の控除対象になるのか

    相続税についての質問です。 同居している場合、土地と家の遺産相続税が80%(だったと思いますが)控除になると聞いたのですが、単純に同居していれば(その家に住んでいれば)世帯は別になっていても控除になるのでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 相続税控除枠について。

    質問なのですが、相続するうえで一人が全て相続するとしたら兄弟分の相続税控除分を使用する事は出来るのでしょうか?配偶者の控除枠も使用可能に出来るのでしょうか?教えて下さい。

  • 6年半前死亡の父の相続税は今から申告できますか?

    6年半前に亡くなった父の遺産額が相続税の基礎控除を超えていないことを通帳等で確認し、相続税の申告はしませんでした。また相続人は私一人の為、遺産分割もしていません。ところが今月引っ越しの準備をしていたところタンスの奥から予期せぬ3000万円の通帳が出てきました。(今まで税務署からの連絡はありません。) 今から相続税...

  • 相続税の控除額の考え方について

    下記の状況の場合、相続税の控除額を教えてください。 ◼️家族構成 父:貯金9千万円 子供:二人(長男、長女) 父が無くなった際、遺言書に「長男に財産全て相続する。」書いてあり、遺言書どおり長男が全ての財産を相続。 本来法廷相続人が二人いる場合控除額は7200万円という認識ですが、遺言書によって1人だけに相続した...

  • 相続税改正による基礎控除について

    来年改正されると聞きましたが 例えば改正前に相続税申告して、それにもし誤りがあって、改正後に修正申告したら改正後の基礎控除額が適用されるのですか? それとも相続開始時点の基礎控除額が適用されますか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続税の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。