遺留分減殺請求裁判費用

母が亡くなり公正証書を作成していて姉に全財産を譲渡すると書いてありました。私は遺留分減殺請求をしようと思っていますが、もし仮に裁判になった場合、裁判の費用はどのぐらいかかるのでしょうか?
2019年05月08日 16時00分

みんなの回答

安藤 俊文
安藤 俊文 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
 法律事務所によっても異なりますし,経済的利益(獲得できそうな,又は獲得できた金額)によっても異なります。

2019年05月08日 16時27分

この投稿は、2019年05月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,504名の弁護士から、「遺留分減殺請求に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

財産を残したくない相続人がいる…遺留分の仕組みと相続人の廃除が認められるケースとは

あの人には自分の財産を渡したくないーー。自分の死後、財産を受け継ぐ相続人の中にそうした人がいる場合、生前に準備できることはあるのでしょうか。...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

遺留分すら渡したくない相続人がいる…どうすればよい?

一部の相続人には、「遺留分」という最低限の取り分が保証されています。ある相続人に一切財産を相続させたくない場合でも、遺留分を主張されれば、一...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺留分減殺請求者が亡くなった場合について

    夫婦子供なしの妻が親の遺産の遺留分減殺請求を兄弟に対して行ったものの、遺産の問題が解決しないまま、妻が死亡した場合、夫に妻の遺留分減殺請求権も相続されるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 死亡保険から遺留分請求できますか?

    主人が亡くなり、生命保険の手続きをしていたら受取人が勝手に私と義母に半分ずつと変更されていました。私には10歳の精神手帳を保持する子どもがおり、その子の今後の為に義母へ遺留分として請求をかける事はできないでしょうか?

  • 遺留分の請求と相続人の死亡について

    遺留分請求する予定ですが、祖母の遺産を相続したと思われる長女と婿養子。 婿養子の方もその後他界しています。 婿養子の財産が法定相続されていると思われます。 この場合、祖母の相続で発生した遺留分は全額長女が払うのですか? 婿に相続された分は遺留分として請求できなくなるのですか?

  • 遺留分請求出来る期間中に相手が亡くなった場合はどうなる?

    遺留分請求出来る期間中、それを知った時から1年か相続発生から10年だったと思います。遺留分請求の相手が亡くなった場合は請求はやはり出来ないですよね? もしくは亡くなった相手の相続財産に遺留分を請求するのでしょうか?亡くなった相手の相続人に許可は必要ないとは考えられますが

  • 遺留分減殺請求について(遺言が無い場合は死亡前1年以内の贈与に限る?)

    遺留分減殺請求は遺言書が無い場合、被相続人の相続開始前およそ1年以内にされた贈与しか減殺請求することができないということはありますか? 先日、ある弁護士の先生に遺留分について伺ったところ、遺留分減殺請求は、本来、遺言書によって遺留分を有する相続人の遺留分が侵害されたときに請求するものなので、遺言書が無い場合で、...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。