遺産分割協議後の遺留分

公開日: 相談日:2021年09月23日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
今から約9年前に、父が亡くなり遺言書はありましたが、遺産分割協議書を作成し相続を行いました。遺産はほとんどが土地で現金はわずかでした。私が長男ですので大部分の土地を相続し、現金は妹2人と分け、そのうちの一人には一部の不動産も分けています。遺言書はほとんどの遺産を長男に相続する内容でした。
当時は、それで相続を終えましたが、今年母が亡くなり、相続をを行わくてなりませんが、もめています。

【質問1】
妹の一人が、過去の父の分の相続がおかしいといい始め、遺留分侵害請求訴訟を行うと主張しています。これは可能でしょうか?

1067405さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位
    タッチして回答を見る

    遺留分については主張できる期間が相続の開始及び侵害があったこと知ったときから1年以内という制限があります。
    お父様の相続に関して,適式に遺産分割協議が行われたのであれば,妹さんが請求をすることは難しいと思われます。



    第千四十八条 遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

  • 相談者 1067405さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    相続開始から10年ということは、まだ、訴訟になる可能性はあると言う理解でよろしいでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位
    タッチして回答を見る

    10年というのは,例え相続の開始等を知らなくとも,という意味です。
    妹さんは遺産分割の当事者でしょうから,当然,知っている,と言えるかと思います。

  • 相談者 1067405さん

    タッチして回答を見る

    すみません。よくわかりません。
    10年が時効なので、まだ9年しかたっていないので、遺留分侵害請求はできる。という理解でよろしいでしょうか?

    遺産分割協議後、遺産分割協議書を作成した後も、遺留分侵害訴訟はできるのですか?

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す