遺言書のある遺留分について

公開日: 相談日:2019年05月20日
  • 2弁護士
  • 4回答

父親方の祖母がなくなりました。遺産の相談をしたいです。現在祖父はなくなっております。少し複雑ですが、祖母は子供がおらず、養子縁組で父親が幼い頃子供になりました。その後母親と父親が離婚をし、その際に父親は離婚が原因で祖母から戸籍からも除籍されております。
この度、祖母がなくなり遺言書がありました。遺言書には、遺産を私の母と祖母の兄弟の娘など3人に相続する。内容でした。母が銀行に行き相続を手続きを実施しようとすると、銀行の方より遺留分があるので、孫である私の遺留分についてどうするか?決めるよう母親から話がありました。母親が話すには、遺産の半分は遺言書に記載のある3人で分け、残りの半分を遺留分対象者で分ける。と話をしていました。私が主張できる相続はなんなんでしょうか?また、遺産は現金と老人ホーム付きマンションで、マンションは老人ホームに寄付を祖母は遺言書で希望しています。

800266さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 800266さん

    タッチして回答を見る

    はい!けんざいでいます。よろしくお願い申し上げます。

  • 寺田 弘晃 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    相続手続に際して生じた銀行の手続問題が、当職をはじめ法律専門家に相談することで、少しでも解消に向かわれればと存じます。


    父親が祖母の戸籍から除籍されたというのは、祖母と離縁したということであれば、ご相談者様も(代襲)相続人ではなく、遺留分は認められない可能性があります。ただし、ご相談者様が祖母と養子縁組をしている場合を除きます。

    祖母に他に養子がいるかなど相続人を確定するためにも、今一度、祖母の出生からの戸籍謄本をご確認されることをお勧めします。

    なお、仮に遺留分の問題があったとしても、銀行としては、本来遺言とおりに預金を支払わなければならないのが原則です。なぜなら、遺留分は、遺留分減殺請求権者と遺言で多く相続を受けた相続人等との間で調整すべきことだからです。

    なお、遺留分を決定するには、遺産総額(不動産の場合、時価)も確認する必要があるため、
    記載いただいた内容のみでは判断が難しいです。

  • 馬場 亨二 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    お父様が離縁しているかどうか戸籍で確認する必要があると思います。お父様がご健在ということは可能性としてはお父様に遺留分があるかもしれません(ご相談者様ではなく)。

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す