弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺留分請求されたので相続放棄をしたいのですが問題ですか?

至急教えて下さい。
お世話になります。先月父が亡くなり、その相続問題について相談させて頂きます。
相続人は私(長男)と弟(次男)と妹(長女)の3人です。母はすでに他界しています。
長男の私が相続について音頭を取っているのですが、色々と調べたところ父の財産は120万円ほどの預金のみしかありませんでした。幸いマイナスの遺産もありませんでした。
そこで兄弟3人で均等に40万円ずつに分ける内容で相続しようと話し合っていたところ、弟(次男)から遺留分請求をするとの内容証明郵便が届きました。
突然の事で連絡すると、弁護士を立てていて、その弁護士から下記のように

・私が4年前、父から自宅の購入費用として600万の援助を受けたこと
・私が2年前、父から生前贈与として200万円もらったこと
・↑これは特別受益になるので、合計800万円を相続財産に戻すこと
・そうすると、弟(次男)には遺留分として約153万円を請求する権利があり、弟に払わなければいけないこ


という内容の書面がきました。
書かれている内容の贈与は確かにその通りで、一方で、弟や妹が父から贈与等された事はありませんので反論もできません。
しかも妹からも請求されたら同じ153万を払わないといけないと知りました。

私としては、この際、40万円の遺産をもらわずに相続放棄をしようと考えてます。
そうすれば弟と妹は、私に遺留分請求をできなくなると知りました。
私の認識で問題ないでしょうか?
相続放棄まであと1ヶ月なので至急教えて下さい。
承認とかしていたら、もはや相続放棄できない場合もありますので
個別に弁護士に相談されたほうが安全ですよ。
ありがとうございます。
まだ、遺産を調べてから弟と妹に「120万しかないから40万円ずつでいいか?」と確認したところまでの段階です。
特段、何かに署名、捺印したということはないのですが大丈夫でしょうか?

b4_D9Jhさん
2018年11月11日 18時18分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2018年11月11日 19時58分

b4_D9Jh さん (質問者)

2018年11月11日 20時10分

この投稿は、2018年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,274名の弁護士から、「遺留分減殺請求に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

遺留分すら渡したくない相続人がいる…どうすればよい?

一部の相続人には、「遺留分」という最低限の取り分が保証されています。ある相続人に一切財産を相続させたくない場合でも、遺留分を主張されれば、一...

財産を残したくない相続人がいる…遺留分の仕組みと相続人の廃除が認められるケースとは

あの人には自分の財産を渡したくないーー。自分の死後、財産を受け継ぐ相続人の中にそうした人がいる場合、生前に準備できることはあるのでしょうか。...

遺留分 | 遺言書に書かれた遺産の分け前が少ない場合の対処法

遺言書を確認すると自分の取り分が少なかった、または全然なかったーー。このような場合、「遺留分」という最低限の取り分を他の相続人などに主張して...

この相談に近い法律相談

  • 生前贈与した後に相続放棄した場合の遺留分について

    父親から、土地と家(評価額600万)を生前贈与された後に、2年後に、父親が亡くなり 財産が現金600万、不動産(1200万)残りました。 相続人は、母、姉、義姉、自分です。 遺言書には、母に現金450万、義姉に150万姉に不動産1200万となっていました。 自分が、相続放棄をすれば、それぞれ遺留分の請求をした場合でも、遺言書...

  • 生前に贈与した財産の遺留分について?

    Q1母が亡く成る前に財産を贈与したいと思いますが、贈与された財産についてすでに亡くなった兄弟の子供達に遺留分はありますか? Q2また自分が死んだ場合遠くに離れた長男には財産を相続させたく有りませんので、生前に次男に資産を贈与したいと思います。この場合も遺留分は長男にはありますか?

  • 遺留分と特別受益について

    ※上から時系列順で記載しております。 ※下記の%は祖父の財産全てを100%とし、それに対しての%です。 ・祖父が父に50%を生前贈与 ・父が得た50%を相続(父死亡)で私が全て受取済 ・私は25%を祖父に返却 ・現時点で祖父から私は25%の特別受益を得た事になる ・相続(祖父死亡)の私の遺留分は50%ある事を確認 ・遺留分50%から以前受...

  • 相続の遺留分について

    二人兄弟ですが、親が公正証書遺言に財産のすべてを、私ひとりが相続すると遺言を書いてくれていますが、4分の1の遺留分を請求されても生前贈与の記録があれば、遺留分を支払わなくても良いと聞きましたが、親が生前贈与したメモがあればよいのですか?

  • 生前贈与されていた財産に対しての遺留分減殺請求について

    父が亡くなり、母・長男・次男・長女(私)で遺産分割をしました。 遺言書には私への遺産相続が遺留分を下回った金額だったため、 遺留分減殺請求をし、遺留分に満たないものの近い金額で合意いたしました。 それからしばらく経ち、父から母・長男・次男へ生前贈与されていた財産があることが判明しました。 私へは何もありません...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺留分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。