1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 遺留分
  4. 国税の賦課期間の制限について

公開日:

国税の賦課期間の制限について

2015年08月22日
ベストアンサー
平成20年に父が亡くなり、相続税申告期限から6年が経過しています。
父は、遺言公正証書を残しており、そこには私の名前は無く、私は遺留分減殺請求訴訟を提起しました。その裁判が、先月、和解が成立し私は和解金を受領しました。そして、相手方は、相続税法32条に基づき更生の請求(還付請求)を提出しました。純資産は、税務調査後、修正申告した、3億1000万円です。実は、この裁判の中で、税務調査でも発覚しなかった遺産が明らかになり、相手方もそれを認めています。そこで、本日、税務署に相談に伺い、隠された遺産があることを説明した際に、「遺留分減殺請求の場合、和解が成立した日を徴収権の消滅時効起算日とするので、訴状(純資産7億2500万円)の内容で申告して下さい。税務調査をするかどうかの連絡は出来ませんが、遺産の総額は、まず、変わることは無いでしょう。(すなわち、更生の請求は受理されず、相手方からも、訴状の内容で徴税すると解釈しました)」と遠回しに言われました。
 そこで、質問なのですが、国税通則法第70条(国税の更生、決定の期間制限)が定められています。それによれば、偽りその他不正の行為をしていない、私への決定の期間制限は5年になると思うのですが、いかがでしょうか?そうであれば、決定できる期間は過ぎています。相続税法では、第30条(期限後申告の特則)により、「申告することができる。」とあり、「申告しなければならない。」とは書いてありません。そして、国税通則法第70条は除斥期間であり、中断は無いものと思うのですが、いかがでしょうか?そうなると、私は申告書を提出しなければ、決定を受けることもなく、納税の義務はないものと思うのですが、いかがでしょうか?
相談者(377652)の相談

みんなの回答

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
WENDYさん
回答させて頂きます。
よく勉強されていますね。
確かに,70条は除斥期間を定めたものなので。
消滅したと考えるのが素直ですね。
納税義務なしとするのが筋ですが。
世の中では更正の名の元に収めているんでしょうね。
詳細は税理士と相談するのが良いでしょうね。

2015年08月22日 16時58分

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺留分すら渡したくない相続人がいる…どうすればよい?

一部の相続人には、「遺留分」という最低限の取り分が保証されています。ある相続人に一切財産を相続させたくない場合でも、遺留分を主張されれば、一...

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

遺留分 | 遺言書に書かれた遺産の分け前が少ない場合の対処法

遺言書を確認すると自分の取り分が少なかった、または全然なかったーー。このような場合、「遺留分」という最低限の取り分を他の相続人などに主張して...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続税における国税通則法の解釈について

    平成20年に相続開始の私が原告、兄弟を被告とした、遺留分減殺請求訴訟が、先月、和解で解決しました。私は、和解金を受け取りました。 相手方は、税務調査もあり、修正申告もしていたのですが、私の調査では、それよりも多く遺産があるはずで、それを追及し裁判の中で相手方が認めた、隠された遺産が2億8000万円ありました。すなわ...

  • 国税の徴収権の時効について

    平成20年に父が亡くなり、相続税申告期限から6年が経過しています。 父は、遺言公正証書を残しており、そこには私の名前は無く、私は遺留分減殺請求訴訟を提起しました。その裁判が、先月、和解が成立し私は和解金を受領しました。そして、相手方は、相続税法32条に基づき更生の請求(還付請求)を提出しました。そうなると、私は、期...

  • 徴税権の時効について

    平成20年10月に母が亡くなり相続が発生しました。母は、同族会社の社長をしていて、私の兄も一緒に経営に携わっていました。私は、養子に出された身で、母は遺言書を残しており、私は名前が書かれていませんでした。私は、遺留分減殺請求訴訟を提起しました。 相続税の申告は当然私の関与しないところで行われ納税されていましたが、そ...

  • 国税通則法第70条(国税の更生、決定等の期間制限)の解釈について

    国税通則法第70条(国税の更生、決定等の期間制限) 4項 次の各号に掲げる更正決定等は、第一項又は前項の規定にかかわらず、第一項各号に掲げる更正決定等の区分に応じ、同項各号に定める期限又は日から七年を経過する日まで、することができる。 一  偽りその他不正の行為によりその全部若しくは一部の税額を免れ、又はその全部...

  • 相続税の徴収権時効について

    平成20年10月に父が亡くなり相続が開始しました。父は遺言公正証書を残しており、そこには、私の名前は一切ありませんでした。従って、私は遺留分減殺請求をしました。平成22年に遺留分減殺請求訴訟を提起し、やっと和解に至り遺留分を受領することが出来ました。 この裁判の中で、税務調査でもクリアした新たな遺産が、2億5...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺留分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。