1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 遺留分
  4. 相続税の徴収権時効について

公開日:

相続税の徴収権時効について

2015年08月09日
ベストアンサー
平成20年10月に父が亡くなり相続が開始しました。父は遺言公正証書を残しており、そこには、私の名前は一切ありませんでした。従って、私は遺留分減殺請求をしました。平成22年に遺留分減殺請求訴訟を提起し、やっと和解に至り遺留分を受領することが出来ました。

この裁判の中で、税務調査でもクリアした新たな遺産が、2億5000万円明らかになりました。

相手方は、遺留分減殺によって減少した遺産に対し、更生の請求(相続税還付申請)をしましたが、その請求には、裁判の中で明らかになった、2億5000万円は含まれていません。相手方は、それを含めると還付をするのではなく、修正申告をする立場にあるはずです。要するに、脱税をしてきたという事だと思います。国税通則法で言う「偽りその他不正の行為」により過少申告をしていて、税務調査もクリアしたものが、裁判の中で明らかになったと思っています。この場合、税務調査を行える除斥期間及び、徴収権の時効は7年になると思います。しかし、私は裁判で和解が成立するまで、納税義務は無い訳ですので、除斥期間は5年かと思います。平成20年に他界した父の相続税申告期限は、平成21年8月です。そこから、6年が経過したことになります。

従って、脱税した相手方は、除斥期間は過ぎておらず、私はすでに過ぎているという認識ですが、間違いないでしょうか?

もし、間違いなければ、更生の請求を出された場合、時効は関係なく私は、期限後申告をする立場にあると思いますが、相手方が修正申告する立場になった場合、私は、すでに時効になっているので賦課されることはないように思うのですが、間違いないでしょうか?
相談者(374145)の相談

みんなの回答

居林 次雄 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
あなたには不正の行為はないので、時効は5年だと思われます。

2015年08月09日 15時26分

この投稿は、2015年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺留分すら渡したくない相続人がいる…どうすればよい?

一部の相続人には、「遺留分」という最低限の取り分が保証されています。ある相続人に一切財産を相続させたくない場合でも、遺留分を主張されれば、一...

1人の相続人に財産を独占させたくない…「遺留分」を請求する方法

全ての財産を1人の相続人に相続させるという内容の遺言書が見つかった場合、他の相続人は一切財産を相続できないのでしょうか。こうした疑問について「...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

遺留分とは? 相続人の最低限の取り分とその請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

財産を残したくない相続人がいる…遺留分の仕組みと相続人の廃除が認められるケースとは

あの人には自分の財産を渡したくないーー。自分の死後、財産を受け継ぐ相続人の中にそうした人がいる場合、生前に準備できることはあるのでしょうか。...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 私を含め相続人3人のうち他の2人が脱税している場合の相続税における時効の判断について

    平成20年10月に父が亡くなり相続が開始しました。父は遺言公正証書を残しており、そこには、私の名前は一切ありませんでした。従って、私は遺留分減殺請求をしました。平成22年に遺留分減殺請求訴訟を提起し、やっと和解に至り遺留分を受領することが出来ました。 この裁判の中で、税務調査でもクリアした新たな遺産が、2億5...

  • 国税の徴収権の時効について

    平成20年に父が亡くなり、相続税申告期限から6年が経過しています。 父は、遺言公正証書を残しており、そこには私の名前は無く、私は遺留分減殺請求訴訟を提起しました。その裁判が、先月、和解が成立し私は和解金を受領しました。そして、相手方は、相続税法32条に基づき更生の請求(還付請求)を提出しました。そうなると、私は、期...

  • 仮差押担保供託金の取り戻し

    現在訴訟中です。例えば当方原告で100万円の売掛債権を支払請求しております。相手方被告は100万円の存在は認めたものの50万円の反対債権(預託中の保証金返還請求債権)ありとして相殺抗弁を主張しております。これも一部認められそうな状況です。最終的に30万円を限度に相殺抗弁が認められ、原告に70万円支払うよう命じる...

  • 国税の賦課期間の制限について

    平成20年に父が亡くなり、相続税申告期限から6年が経過しています。 父は、遺言公正証書を残しており、そこには私の名前は無く、私は遺留分減殺請求訴訟を提起しました。その裁判が、先月、和解が成立し私は和解金を受領しました。そして、相手方は、相続税法32条に基づき更生の請求(還付請求)を提出しました。純資産は、税務調査後...

  • 死因贈与の請求について

    債務者Aに対する金500万円の甲の債権を確認する調停が成立しました。弁済期については、ある停止条件が成就しないまま、Aが死亡した場合は、金500万円の債務の弁済に換えて、金500万円をAが甲に死因贈与するという条項です。そこで質問です。 1)Aの死亡後の甲の請求について、Aの相続内容詳細が不明又は確定まで時間を...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺留分の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。