遺言・遺産相続・遺留分減殺請求

公開日: 相談日:2013年08月27日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

祖母が亡くなり相続しないまま母が亡くなりました。母には姉・兄がいて祖母の遺言書には、母へ土地を、叔父へ生前贈与した為何も無し、叔母へは何も無いので心苦しいという内容。叔母は母宛に遺留分減殺請求を内容証明で送付してきました。母亡くなった後、叔母と話して話した内容を踏まえて遺産分割証明書を司法書士で作成してもらいましたが金額内容に納得いかず、なおかつ司法書士だと信用できないなど筋違いな事を言い始めたので2人の弁護士さんに相談のっていただきました。裁判した場合、祖母の遺言書は認められないのではという事でした。ただ万が一私が裁判で勝った場合、遺言書記載の、母へは土地を…という事ですが、叔母へは遺留分減殺請求の1/6を土地分も支払わなければいけないでしょうか?他の財産は、家屋・預貯金・叔父への生前贈与です。

196998さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    弁護士2人が,遺言は無効であろうと判断したということでしょうか。そういった場合は,訴訟になることをできるだけ回避して,多少譲歩しても,話し合いで解決した方がいいでしょうね。
    ところで,遺言が有効で,叔母の遺留分減殺請求だけが問題となった場合ですが,叔母の遺留分は割合的には1/6ですが,具体的な遺留分額は,叔父への生前贈与,預貯金等の遺産,あなたに遺贈された土地の全体の1/6です。しかも,預貯金等の遺産は叔父が一部を取得しているでしょうから,計算上土地の1/6になるわけではありません。いくら分遺留分として叔母に戻さなくては,遺産等の評価額が分かりませんので,相談されている弁護士にご確認ください。

この投稿は、2013年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す