著作者の死後、生前譲受著作権保持者の著作権の状態と保持方法について

公開日: 相談日:2020年08月17日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

著作権を譲渡(著作権の譲渡に関しては業務委託契約書内で譲渡の旨が記されています)された著作権者Aと、その著作者(イラストなど)B。Aは自己の事業にその著作を利用しています。例えば2年後にこの著作者Bが亡くなり、その方に法定相続人が存在している場合、著作権者Aの権利について。(Aは文化庁への登録はせず)

① 法定相続人が文化庁に著作権を登録するとAの著作権利は消滅してしまいますか?
② もし①が起こりうるなら、文化庁への登録以外にAとしてそれを防ぐ方法はありますか?例えば譲渡時の契約書への文言など。

よろしくお願いいたします。

948014さんの相談

回答タイムライン

  • 中野 雅也 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    イラストの著作者(創作者)であるBさんが、事業をしているAさんに対し、業務委託契約書の条項において、イラストの著作権を譲渡したとの事案でしょうか。
    そうだとすると、イラストの著作権の譲渡を受けたAさんが、著作権者になりますので、著作権者として、そのイラストを利用することができます。
    他方、Bさんとしては、Aさんに対し、既に著作権を譲渡(売り切り)してしまっているので、イラストの著作権を失っています(権利者でなくなっています。)。
    したがって、Bさんが死亡し相続が発生したとしても、Bさんはイラストの著作権者ではないので、Bさんの相続人がイラストの著作権を相続することにはなりません。
    なお、文化庁への著作権の登録は、著作権を移転させるものではありません。BさんがAさん以外の方に同じイラストの著作権を譲渡してしまうこともないわけではないので、Bさんとしては、登録して第三者対抗要件を備えておくこともあり得ると考えます。

  • 相談者 948014さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    >イラストの著作者(創作者)であるBさんが、事業をしているAさんに対し、業務委託契約書の条項におい>て、イラストの著作権を譲渡したとの事案でしょうか。

    はい、そうです。
    著作者Bの相続人が著作権を相続することはないということですね。
    では、譲渡後に著作権者Aが亡くなった場合は、著作権はAの妻や子に相続されることになるのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

  • 中野 雅也 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > では、譲渡後に著作権者Aが亡くなった場合は、著作権はAの妻や子に相続されることになるのでしょうか?

    その理解で良いと考えます。Aさんの相続人が著作権を承継することになります(民法896条)。

この投稿は、2020年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す