第3位の相続人になってしまいました。どのように対処したよいでしょうか?

4月に亡くなった叔母(父妹)のことなのですが。うちの母が叔母にお金を貸していて、(叔母署名捺印借用書あり)生前叔母が、残りの負債は、自分が亡くなった時に、生命保険で一括返済すると言っていたのですが(叔母の娘の前で、本人了承済み)
相続人である娘が相続放棄をしたので、返済してもらえていない状態です。
しかも、叔母の兄弟は、父を含めみんな他界しており、順当で行くと、私を含め7人の甥・姪が相続人になってしまいます。そのうち1名は、消息不明です。
そこで、ご質問なのですが。
1、叔母の娘の相続放棄手続きの完了をどのように確認することができるでしょうか?
2、その際に相続財産の目録を叔母の娘に開示請求することは可能でしょうか?
3、母の債務を取り立てることは、できますか?
4、財産目録の中に不審な点があった場合これに異議申し立てる場合、どこまでの証拠いりますか?
 動産(貴金属)を知らない間に取得していた場合など
5、叔母の遺産の相続の権利が移行したなどの通知は、裁判所から届きますか?


ご回答よろしくお願いいたします。
2019年08月29日 14時50分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 1、叔母の娘の相続放棄手続きの完了をどのように確認することができるでしょうか?
:本人に対する問い合わせ、又は家裁(叔母さんの最後の住所地を管轄する裁判所)に対する問い合わせ。本人に対しては相続放棄の申述の受理証明書コピーを送るように要求して下さい。

> 2、その際に相続財産の目録を叔母の娘に開示請求することは可能でしょうか?
:目録を作成して提出する義務まではありませんので、どのような遺産があるのか、内容と特定しうる情報を聞くくらいになります。

> 3、母の債務を取り立てることは、できますか?
:相続放棄が有効なら叔母の娘から取り立てることは不可能です。今は甥姪らがその債務を承継しています。

> 4、財産目録の中に不審な点があった場合これに異議申し立てる場合、どこまでの証拠いりますか?


> 5、叔母の遺産の相続の権利が移行したなどの通知は、裁判所から届きますか?
:届きません。

2019年08月29日 15時12分

相談者
財産目録を作成する義務は、ないとのことですが、相続人になった私たちが、負債を含め把握することは、娘からの情報以外に知りえることは、難しいということでしょうか?
また、娘のほうが相続放棄の受理証明書のコピーを送ることを拒否した場合は、どのように対処すればよいですか?

2019年08月29日 15時25分

この投稿は、2019年08月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

親や配偶者に「隠し子」発覚!財産を相続させる必要はある?

親や配偶者に隠し子がいることがわかったーー。このような場合、親や配偶者が亡くなり相続が発生した時に、隠し子にも財産を相続する権利はあるのでし...

【相続】署名捺印がない、訂正部分がおかしい…そんな遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったけれど、本人の署名捺印がなかった場合、有効な遺言書として扱えるのでしょうか。こういった疑問について「[みんなの...

財産目録の作り方と不動産の価値を評価して相続税が生じるか判断する方法

あなたが遺言を残さずに亡くなった場合、家族が相続の手続きを進めるにあたって、あなたの財産の内容を全て把握する必要があります。あらかじめ財産を...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続 権利の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。