建物の真の権利者について

兄弟で遺産分割がされておらず被相続人名義の登記のままの建物の権利関係を知る(証明させる)方法はあるのでしょうか。当方はその建物が建つ土地の所有者です。
2018年02月02日 22時20分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ありがとう
固定資産税を誰が払っているかで、所有者を知ることができると思います。
相手方が任意に交付してくれればいいのですが、拒否すると個人での対応は難しいです。
弁護士に依頼して、名寄帳の交付を役所に求めることが考えられます。
ただ、この場合名寄の交付だけでは足りず、例えば建物収去土地明渡
請求などの請求も併せて依頼する必要があります。

ご参考までに。

2018年02月02日 22時51分

相談者
固定資産税支払い請求書はいまだに故人の被相続人名できており、金額も少ないので実際に今現在住んでいる弟が支払っているとのことです。土地賃貸借契約を巻き直す場合、相手側名義は弟でも良いでしょうか。

2018年02月05日 16時57分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ありがとう
個人的には、現在建物はご兄弟の共有状態にあると思います。
なので、お二人と契約した方が無難と思います。
最低でも、お兄様から契約は一任する旨の委任状なり、確認書をなりが欲しいところです。

あるいは、先に弟様と契約をして、後からお兄様より、異論はない旨の書面を差し入れてもらう方法も考えられます。

何がベストかは、できれば弁護士と相談をしながら進めた方がいいと思います。

ご参考までに。

2018年02月05日 21時14分

相談者
兄弟から確認書や委任状をもらう場合、印鑑は、実印で印鑑証明付きでもらう必要はあるでしょうか?

2018年02月13日 15時35分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ベストアンサー
ありがとう
印鑑は、実印で印鑑証明付きでもらう必要はあるでしょうか?
→そうですね、あとで勝手に書類を作られたと言われないように、実印とコピーでいいので印鑑証明書をもらっておいた方がいいと思います。
できれば、契約するときに、会話を録音されると貴殿を守るためにはベターです。

2018年02月13日 16時43分

この投稿は、2018年02月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

親や配偶者に「隠し子」発覚!財産を相続させる必要はある?

親や配偶者に隠し子がいることがわかったーー。このような場合、親や配偶者が亡くなり相続が発生した時に、隠し子にも財産を相続する権利はあるのでし...

相続登記に必要な書類と登記されたことを確認するための方法

不動産を相続した場合は、相続登記という不動産の名義変更手続きをする必要があります。相続登記をするためには、具体的にどのような書類が必要なので...

相続放棄l遺言書で指定された人が遺産を引き継ぐ権利を放棄をする方法

遺言書で相続人に指定されて遺産を引き継ぐことになったとしても、何らかの事情で遺産を相続したくないと考える人もいるでしょう。そうした場合、遺産...

遺産分割を放置したまま数年経過…今からでも話し合える?

家族の誰かが亡くなった直後に相続の手続きをしなかった場合、それから数年経った後でも、相続人同士で遺産の分け方などを話し合えるのでしょうか。遺...

被相続人が借りていた土地を相続するときの評価方法について

亡くなった家族が土地を借りていた場合、相続人は被相続人の「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになります。この記事では...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 借地権と相続について

    市街化区域内に借地している土地があります。 およそ40年以上前から現在まで継続しています。 契約書はありません。 当該土地には、借地人が建築した住宅が建っています。 (建物登記がされています。) 現在、その住宅には、建物登記名義人の配偶者が1人で居住しています。(建物登記名義人はすでに死亡。) 現在居住している借...

  • 土地の競売を落札。 故人の目的外建物を「無料」で譲り受ける場合の登記移転方法について

    土地所有者(破産者A)を競売で落札しました。 土地上に建つ 登記済建物B(故人B)未入居・賃借人なし 登記済建物C(故人C)未入居・賃借人なし 未登記建物D(古すぎて不明)未入居・賃借人なし があり、すべて親族の相続(故人)になっています。 土地及び、建物に対しての相続人代表者は破産者Aとなっており、 ...

  • 存在していない建物でも借地権は主張される可能性はありますか?

    知人が現況、駐車場の土地を購入していようとしてます。 しかし、登記を確認すると存在していない建物の登記がありました。 土地の売り主と建物の名義人は別人です。 建物を壊した後に、滅失登記をせずにそのままでいたようです。 この場合、売り主に建物滅失登記を義務づけさせてから土地を 購入したほうが安全ですか? 現...

  • 朽廃建物の債権回収方法

    築50年以上の借地権付建物(古くてとても人が住める状況でなく、今は誰も住んでません)に、私の金銭消費貸借による抵当権が仮登記されております。債務者が死亡し相続人は相続を放棄しました。私としては地主に借地権を買い取ってもらいたいのですが、地主は建物が古く朽廃しているので借地権は解約されたと言っております。ここで質問で...

  • 相続により土地と建物の所有者が分かれる場合の権利関係

    被相続人名義の土地と建物があります。どちらも被相続人の名義で登記済みです。被相続人の遺言により、土地は被相続人の子供に、建物は被相続人の配偶者に相続されます。 相続の結果、建物を所有する配偶者は、土地を所有する子供に対し、賃借権等の権利を得るのでしょうか。得る場合はどのような権利でしょうか。 権利がない場合は、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続 権利の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。