養子縁組と扶養の関係。夫婦がそれぞれ相手の両親と養子縁組を結ぶ事はできるのか。

公開日: 相談日:2022年06月27日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在、結婚を前提としてお付き合いをしている女性がいます。

その方は、両親と妹の、計4人家族で、結婚後は夫婦共働きを前提に、子どももほしいと言っています。

その事については、私も同意見なので全く問題は無いのですが、彼女は生まれた子どもの世話を、自分(彼女)の(母)親に手伝ってもらいたいので、私を婿養子として迎えた上で彼女の親と同居をしてほしいと言っています。

この場合、私が彼女の両親と普通養子縁組を結ぶことになり、いわゆる婿入りの状態になります。

子どもの世話を、彼女が自分の親に手伝ってもらいたいという点、彼女が自分の親との同居を希望している点は良いのですが、養子縁組という点が少し気になっています。

家族想いの彼女の事なので、恐らく、彼女の両親が高齢となった際、生活に困らないようにしたいという想いから、彼女が養子縁組を希望しているのだと思いますが、私の苗字を変えたくないというのも事実です。

おまけに普通養子縁組を結ぶことで、婿養子の私も、彼女の妹同等の相続等に関する権利も持つことになるため、余計な争い事の芽を作り出してしまうような気もしています。

【質問1】
そこで、質問が三つあります。
一つ目は、通常の婚姻関係を結んだ場合、私の彼女の両親に対する扶養義務は発生するのでしょうか。

【質問2】
二つ目は、養子縁組をしなくてもそれに近い形で彼女の両親を扶養する方法はありますか。

【質問3】
三つ目は、私が彼女の両親と普通養子縁組を結ぶと同時に、彼女も私の両親と普通養子縁組を結ぶ事はできるのでしょうか。

1158834さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    そこで、質問が三つあります。
    一つ目は、通常の婚姻関係を結んだ場合、私の彼女の両親に対する扶養義務は発生するのでしょうか。

    第877条【扶養義務者】
    ① 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
    ② 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。

    となっていますので、血族なら義務はありますが、婚族は特別の事情がある場合です。

    【質問2】
    二つ目は、養子縁組をしなくてもそれに近い形で彼女の両親を扶養する方法はありますか。

    事実上面倒を見ればよいでしょう。

    【質問3】
    三つ目は、私が彼女の両親と普通養子縁組を結ぶと同時に、彼女も私の両親と普通養子縁組を結ぶ事はできるのでしょうか。

    可能です。


  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    質問1
    そこで、質問が三つあります。
    一つ目は、通常の婚姻関係を結んだ場合、私の彼女の両親に対する扶養義務は発生するのでしょうか。
    回答1
    原則として発生しません。ただし、家庭裁判所が特別の事情を認めた場合は、扶養義務が生じます。
    質問2
    二つ目は、養子縁組をしなくてもそれに近い形で彼女の両親を扶養する方法はありますか。
    回答2
    扶養家族に入れる場合は別ですが、それ以外は特に制約はありません。したがって、法的に扶養しなくても、事実上扶養していくことは可能です。
    質問3
    三つ目は、私が彼女の両親と普通養子縁組を結ぶと同時に、彼女も私の両親と普通養子縁組を結ぶ事はできるのでしょうか。
    回答3
    可能です。

この投稿は、2022年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました