回答期限の記載のない通知書に対する回答目安について

公開日: 相談日:2020年06月12日
  • 4弁護士
  • 4回答

通知書を簡易書留で受領しました。差出人は通知人の代理人である弁護士さんからです。
通知内容について是か非か回答してほしいとの記載はあるのですが、
回答期限については一切記載がありません。
一般的に回答期限の記載がない場合、どのくらいの期間を目安と考えたらよいでしょうか。
通知の内容によって回答期限の目安は異なりますか。
また、非とする回答の場合、訴訟提起をせざるを得ないとも通知書に記載されているのですが、
回答をしなかったり回答が遅くなった場合、いきなり訴状が届くこともあり得るのでしょうか。
なお、通知書に記載の内容からはその真偽はわからず、回答を是とするか非とするか迷っているところです。

929294さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県2位
    タッチして回答を見る

    > 回答期限については一切記載がありません。
    > 一般的に回答期限の記載がない場合、どのくらいの期間を目安と考えたらよいでしょうか。
    :事案が不明なので一般論に留まりますが、特段の調査も要さず回答出来るなら2週間程度でしょう。もっとも、2週間経過で直ちに訴えを起こすかといえばそうでもありません。調査を要するならその手間によるので、目安となる期間は示せません。


    > また、非とする回答の場合、訴訟提起をせざるを得ないとも通知書に記載されているのですが、
    > 回答をしなかったり回答が遅くなった場合、いきなり訴状が届くこともあり得るのでしょうか。
    :①再度返答を求める連絡が来る、②訴えを起こすの二択です。

  • タッチして回答を見る

    > 一般的に回答期限の記載がない場合、どのくらいの期間を目安と考えたらよいでしょうか。
    > 通知の内容によって回答期限の目安は異なりますか。

    金銭の支払を求めるものであれば、1週間程度を目安に考えていることが多いでしょう。

    ただ、高額な場合や、何かしら準備を要するものであればもう少し長い期間で考えている可能性もあります。


    > また、非とする回答の場合、訴訟提起をせざるを得ないとも通知書に記載されているのですが、回答をしなかったり回答が遅くなった場合、いきなり訴状が届くこともあり得るのでしょうか

    返答がないことであなたが応じないものと判断されれば、そういった可能性もあります。

    長く考えたいのであれば、検討中であるということだけでも連絡した方がいいでしょう。

  • タッチして回答を見る

    「一般的に回答期限の記載がない場合、どのくらいの期間を目安と考えたらよいでしょうか。通知の内容によって回答期限の目安は異なりますか。」
    ➡おっしゃるとおり,通知の内容によって,いつ頃までに回答すべきかという点は異なりますが,個人的には1~2週間前後が一般的な目安かと思います。

    「また、非とする回答の場合、訴訟提起をせざるを得ないとも通知書に記載されているのですが、回答をしなかったり回答が遅くなった場合、いきなり訴状が届くこともあり得るのでしょうか。」
    ➡回答がない場合,弁護士としては交渉の余地なしと判断し,訴訟提起をすることは十分に考えられます。
     いきなり訴訟提起されるのを避けるためには,相手方弁護士に対して,口頭又は書面により,何らかの対応をすることにより,交渉の余地があることを示す必要があります。
     もっとも,相手方代理人としては,相手方に有利になるよう交渉をまとめようとしますので(そうなると一般的にはご相談者様に不利な条件となることが多いです。),その点はご留意いただければと思います。
     もし,どのような回答をすべきかご自分で判断がつかないようでしたら,弁護士に相談されることをお勧めいたします。

     ご参考になれば幸いです。

  • タッチして回答を見る

    通知の内容にもよるのですが、一般的な通知書の場合には返答期限を2週間~3週間としていることが多く、やや相手方が調査に時間を要する内容である場合や急ぎではない場合には期限を1カ月としていることもあります。

    また、「非とする回答の場合、訴訟提起をせざるを得ない」は、弁護士が通知をする際の常套句でもあるので、本気で直ぐに訴訟提起を考えているかはわかりません。
    もっとも、差出人としては、その通知内容について解決を図りたいのであれば、ご相談者様から返答が無かった場合には裁判所の手続きを用いるほかないため、次のステップとしてある日突然裁判所を通じて調停申立書・訴状・その他の書類をご相談者に送達することはあり得ます。

    なお、差出人の代理人弁護士は、あくまで委任を受けた代理人としてご相談者様に通知を送っており、特段ご相談者様に敵対する意思はないはずです。ですので、通知に弁護士の連絡先が書かれているはずですので、返答期限を直接弁護士に尋ねしてしまっても良いとは思います。

    したがって、通知書への回答が問題なくご自身の判断でできる・特段差出人と争うものではないのであれば、通知書を無視をせず、なるべく早いうち(概ね1カ月以内)にご自身で回答されたほうが良いです。
    他方、通知書への回答がご自身では判断できない・差出人と争う必要がある等であれば、別途弁護士に具体的な内容を相談するか、弁護士に依頼されて回答を任せるという方針が望ましいでしょう。

  • 相談者 929294さん

    タッチして回答を見る

    ご多用のところ早々に回答いただきありがとうございました。
    いずれも甲乙つけがたく大変参考になりました。

    ありがとうございました。

この投稿は、2020年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す