相続人ではない人が亡くなった人の預金を勝手に自身の通帳に移しています。

公開日: 相談日:2018年11月02日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

長女・長男・次女の三人兄弟の長男が亡くなりました。三人兄弟の母親は存命しています。
亡くなった長男は未婚の独身で子供もいません。

長女とその夫が長男の預金をすべて引き出し自分たちの通帳に移してしまいました。
長女とその夫は長男が末期癌になったとたんに病院に頻繁に行くようになり、長男が亡くなった後は母親の家に頻繁に行き90代の母を車椅子で連れ出しいろんなものの名義変更をしているようです。
母親も90代ということもあり、何の名義変更かはわからないと言っています。

長男は生前、母親が困らないようにお金を残したいので先進医療も受けないと言っていたくらいの母親思いの人です。にもかかわらずすべて(通帳に2000万、株式、購入時4000万で築12年の高層マンション)をもらう気でいます。

90代の母親は判断能力も低く、難しいことは若い人に任せておけばいいというスタンスです。
ちなみに長女は私が電話をしても忙しいとすぐに電話を切るし、金が欲しいから電話をしてくるのかと言ってすぐに電話を切るので何の話も出来ていません。長女の夫も居留守を使うような状態です。

長男の遺産は可能な限り母親の介護費用や老人ホームの入所費に使ってほしいと思っています。

母親に遺産を戻し、母親の希望通りにお金を遣えるようにする方法はあるでしょうか?
宜しくお願いします。

725350さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    亡き長男さんの法定相続人は遺言がなければ母親だと思われます。例えば、母親が代理人弁護士を依頼して、その代理人弁護士が、引き出された長男の遺産を取り戻すために不当利得や不法行為などを根拠にして引き出した人物を相手方、被告にして、調停や訴訟提起をすることが考えられると思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 母親に遺産を戻し、母親の希望通りにお金を遣えるようにする方法はあるでしょうか?

    ・・・お母さんが存命である以上 お母さんの権利が侵害されたとしてもお母さん自身が返還請求権などを行使しなければ お子さんであるあなたが代わりに権利行使することはできません。ただ 「90代の母親は判断能力も低く」というのであれば 成年後見・保佐等の申し立てを家庭裁判所になさればよいと思います。
     お母さんがお亡くなりになった後であればあなたも長女に対し不当利得返還請求を行うことが可能となります。

この投稿は、2018年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す