相続人への売渡請求の判例について

相続人への売渡請求(会社法174条)では、最終的に買取価額を裁判所が決めることになりますが、実際に裁判所が価額を決定した例はあるのでしょうか?
判例を探したのですが、見つからないので宜しくお願いします。
相談者(533536)からの相談
2017年03月15日 16時43分

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
上場していない会社の株価ということでしょうか?
売渡請求の判例でなくても
譲渡承認を得ようとして会社が承認しない場合の買取請求等
会社に対し株主が買取請求する場合の株価の算定と同じになると思います。

上場していない会社の株価算定は
純資産方式、配当還元方式、収益還元方式等があり、
過去の判例はそのケースに応じてその価格の組み合わせて
算出したりしています。

弁護士に面談で相談し、
場合によっては判例の調査の依頼をされたらよいと思います。

2017年03月16日 09時16分

相談者(533536)
高島先生

上場会社ではありません。
177条4項の、裁判所が定めた額についての判例はご存知ないでしょうか。


(売買価格の決定)

第177条 前条第1項の規定による請求があった場合には、第175条第1項第1号の株式の売買価格は、株式会社と同項第2号の者との協議によって定める。

2 株式会社又は第175条第1項第2号の者は、前条第1項の規定による請求があった日から20日以内に、裁判所に対し、売買価格の決定の申立てをすることができる。

3 裁判所は、前項の決定をするには、前条第1項の規定による請求の時における株式会社の資産状態その他一切の事情を考慮しなければならない。

4 第1項の規定にかかわらず、第2項の期間内に同項の申立てがあったときは、当該申立てにより裁判所が定めた額をもって第175条第1項第1号の株式の売買価格とする。

5 第2項の期間内に同項の申立てがないとき(当該期間内に第1項の協議が調った場合を除く。)は、前条第1項の規定による請求は、その効力を失う。

2017年03月16日 09時59分

この投稿は、2017年03月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,541名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

法定相続の仕組みl遺言がない場合に相続人や遺産の分け方を決めるルール

亡くなった家族が遺言を残していなかった場合、「遺産を誰が相続するのか」「どの程度の遺産を相続するのか」といった点について、原則として法律のル...

相続人がいない場合に「特別縁故者」として遺産を相続するための手続き

亡くなった人に相続人がいない場合、その人の財産はどのように扱われるのでしょうか。「亡くなった人と一緒に暮らしていた」、「亡くなる前に介護を行...

認知症の相続人がいる場合の相続手続きと後見人・保佐人・補助人の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)には相続人全員の参加が必要ですが、認知症などにより、自分の財産を管理するための判断能力が不十分な相...

亡くなった人と元配偶者の間の子どもは相続人になる?

亡くなった人に離婚歴があり、元配偶者との間に子どもがいる場合、その子どもは亡くなった人の相続人になるのでしょうか。元配偶者の再婚相手などと養...

行方不明の相続人の代わりに遺産分割協議を行う「不在者財産管理人」の選任方法

遺産の分け方を決める話合い(遺産分割協議)は、相続人全員の参加が必要です。相続人の中に行方不明の人がいる場合、その相続人に代わって遺産分割協...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判の判決とは??

    家賃や慰謝料など裁判の判決で支払い命令がでているのに同じ時期に同じ内容で債権回収会社から請求がきたら二重請求にはあたらないのですか? 裁判所の命令の時効は10年と聞きました。 同時期ではないにしてもこの10年の間に裁判所や本人以外の第三者から請求がくることは違法ではないのですか?

  • 昔の刑事裁判の判決

    14年前の刑事裁判の判決の謄写は検察に請求すれば見れるのでしょうか?公務員を買収した事件です。

  • 貸し金裁判の判決までの期間は?

    貸し金裁判は、訴状を提出してから、どのくらいで、判決がでるのでしょうか?期間を教えて下さい。

  • 最高裁及び高裁が棄却した地裁判決は最高裁判決と同等の既判力がありますか?

    高裁及び最高裁が棄却した地裁判決は,最高裁判決と同等の既判力があると考えていいのでしょうか。 主張に援用したい地裁判決があるのですが。

  • 地方裁判所の判決は何年有効になる。

    債権差押までやったが次に動産執行をやりたいのですが裁判所の判決文の有効な時間は判決日から何年間でしょう?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

相続人の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。