相続人が一人のみの相続について

公開日: 相談日:2021年03月07日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
最近自分が亡くなった後自分の財産がどうなるのか心配になり始めています 。

具体的な話をします。

相続人が一人のみで、その 相続人が入院中とか認知症になっている場合

何も対策をしなければ相続手続きは実行されずに相続されるはずであった

財産は宙に浮いてしまうと考えます。

【質問1】
相続手続きがしっかり執り行われるために何か手段はありますか?

代理人を立てるという対策が思いつきますが被相続人が死ね前に

しかるべき人・例えば税理士や弁護士の方に頼んでおくことはできますか?

1005522さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 相続手続きがしっかり執り行われるために何か手段はありますか?
    >

    遺言を作成することです。
    そして遺言の中で、遺言執行者という、相続を遺言に基づいて取り扱う人を決めておけば、その人が対応してくれます。

    > 代理人を立てるという対策が思いつきますが被相続人が死ね前に
    > しかるべき人・例えば税理士や弁護士の方に頼んでおくことはできますか?

    その遺言執行者を依頼することは可能です。
    あとは家族信託なども検討できますが、確実性は遺言の方がよいかと思います。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位
    タッチして回答を見る

    貴殿が生前に認知症等で判断能力が低下した場合に備えて財産の管理を専門家に任せる任意後見契約や、判断能力は低下していなくても寝たきり等の状況に陥った場合に備えて、財産管理契約を専門家と結ぶことも考えられると思います。
    専門家は通常は弁護士と思いますが、不動産を多数お持ちなら司法書士、税金の対応が見込まれる場合には税理士に依頼されることも検討されてもよろしいかと存じます。

    ご参考までに。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す