相続限定承認手続きについて

相続限定承認をしたいのですが、被相続人の死後3ヶ月を経過してしまいました。調査に時間がかかってしまいましたためです。今、3ヶ月と数日経った状態です。今からでも限定承認の手続きは可能でしょうか?また、どのような手続きを行えば良いでしょうか?
2019年06月09日 13時52分

みんなの回答

安井 悠気
安井 悠気 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
まず,限定承認が可能な期間は「自己のために相続があったことを知ったとき」が起算点となります。死亡時ではありません。基本的には被相続人の死亡を「知ったとき」といえるでしょう。
また,その期間の伸長が認められる場合もありますから,詳細は家庭裁判所に相談された方が良いでしょう。

手続については,家庭裁判所への限定承認する旨の申述が必要となります。
具体的には申述書及びこれに必要な添付書類をつけて提出することになります。
申述書のひな形や必要な添付書類については裁判所のホームページにも記載があり,また,詳細は裁判所へ問い合わせられた方が良いと思います。

2019年06月16日 00時39分

この投稿は、2019年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割を放置したまま数年経過…今からでも話し合える?

家族の誰かが亡くなった直後に相続の手続きをしなかった場合、それから数年経った後でも、相続人同士で遺産の分け方などを話し合えるのでしょうか。遺...

相続放棄とは…借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった人)の借金などマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財...

借金を抱えたが親族が亡くなったら…知らない間に借金を相続することになる?

親や配偶者に多額の借金があることがわかっている場合、彼らが亡くなって相続が発生する前に、相続放棄の手続きを行って安心したいと思う人もいるかも...

「相続放棄」とは? 借金を相続したくない場合にするべき手続きの流れ

相続では、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなく、被相続人(亡くなった方)の借金などマイナスの財産も引き継ぐことになります。マイナスの財...

借金を相続したくない…相続放棄のやり方と注意点【弁護士Q&A】

相続の対象となるのは、預貯金や不動産といったプラスの財産だけではなく、借金などマイナスの財産も含まれます。亡くなった人が借金を残している場合...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 相続の限定承認について

    相続で限定承認する際に、相続人全員(A.B.C)で足並みを揃えないといけないとあります。 ①限定承認にしましょうと決めても、そのうちの一人のCが勝手に単純相続の手続きを取ってしまうことは簡単にできてしまうのでしょうか。 (故人の遺産はAが保管しており、勝手に処分できない状態と仮定します) ②限定承認にしましょうと決めて...

  • 相続の限定承認の手続き 相続財産管理人の任務の期間

    「相続の限定承認」をした場合の手続きに、次のような文面がありました。 弁済や換価などの精算手続はを行っていくことになりますと書いてありますが、この相続財産管理人の任務は、いつまで続くのでしょうか?期間を教えてください。 破産管財人のように、数年単位の場合もあるのでしょうか? Q2. 受理されたときはどのような手続...

  • 相続放棄か限定承認か

    数年前に離婚した父親が亡くなりました。父親には多額の借金があり、相続放棄をするつもりでした。 しかし、祖父と父親の共同名義の土地があることが分かり、放棄をすると土地の名義が半分別の人に渡ってしまうという問題が出てきました。 出来れば土地の名義や権利は他人に渡したくはありません。 共有名義の土地以外では、死亡前の...

  • 限定承認手続きについて

    限定承認を検討しているのですが 相続人の1人が音信不通で、戸籍の附票からもたどり着けませんでした 限定承認は相続人全員が共同しておこなわなければならないようですが このよう場場合はどうしたらよいのでしょうか

  • 相続限定承認について

    限定承認の財産目録について。先日父が他界し限定承認を行う予定にしております。(父の兄弟に迷惑をかけない為)相続人は母、兄、私の3人です。 特に目立った財産は所有してないのですが財産目録は現金や預金のみでも問題ないでしょうか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。